第二保通協の設立を目指す団体が会見

第二保通協の設立を目指す団体が会見(更新日:2010/10/29)

保通協に次ぐ、遊技機型式検定試験機関としての指定を目指している一般社団法人日本遊技機型式検定機構(=検定機構)は10月28日、業界誌記者らと会見し、設立の目的やこれまでの経緯、今後の見通しなどについてブリーフィングを行った。


それによると、新たな遊技機の試験機関として指定を受けるため、今年5月28日に「指定試験機関指定申請書」を国家公安委員会委員長に提出。10月6日には警察庁生活安全局保安課から申請書の補正連絡を受け書類を修正、10月15日付けで補正後の申請書が正式に受理されたとしている。今後、行政手続き法に基づき、遅くても6カ月以内には諾否判断が下される見込みだ。

検定機構では、試験機関に競争原理を持ち込み、メーカーの利便性向上を図ることで、遊技機価格高騰化に対する歯止めやこれまでにない新機軸の遊技機開発が期待できるという。試験業務は愛知県名古屋市の名東区内で行われる予定となっており、業務開始後の処理能力としては、当面保通協の10%〜15%程となる見込み。保通協との型式試験合否の統一性をどのように担保するかといった様々な課題については、今後行われる警察庁との協議によって解決を図っていく方針だ。

高木一夫理事長は、「これからの警察庁との協議に完全に従って指定試験機関の指定を受けられる準備を急ぐとともに、保通協との相互補完関係を確立して遊技産業の発展に寄与していく決意」と語った。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

都遊協が経営者研修会を開催

都遊協が経営者研修会を開催(更新日:2010/10/29)

東京都遊協は10月26日、平成22年度の経営者研修会を開催した。


研修会では警視庁保安課の担当官による健全営業を促す講話が行われたほか、特別講演としてエンビズ総研主任研究員の木曽崇氏が「我が国の賭博行政とカジノ合法化」と題して講演。木曽氏は日本におけるカジノ合法化は、より多面的な検討がなされるようになってきていることから、この半年から1年が正念場だと指摘した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

プローバが恒例のフットサル大会を開催

プローバが恒例のフットサル大会を開催(更新日:2010/10/28)

プローバは10月23日と24日、「第16回プローバカップフットサル大会」を開催した。


今年は、一般部門・混合部門・ジュニア部門に計102チーム、総勢約800名が参加して熱戦を繰り広げた。当日は、プローバグループがスポンサーを務める地元Jリーグ「サンフレッチェ広島」の選手による激励会をはじめ、フリーキック大会などのアトラクションも開催され会場は終始盛り上がりを見せた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

全日遊連調査、明暗くっきり

全日遊連調査、明暗くっきり(更新日:2010/10/28)

全日遊連がまとめている月次調査によると、9月期の全国の組合員店舗数は前月比マイナス3店の1万1553店で、ほぼ横這い状態で推移した。


ピーク時には300店を超えていた廃業店舗数も、今年4月以来2度目となる2桁台の94店舗まで圧縮させた。

遊技機台数はパチンコが2665台減の293万8627台で、回胴式遊技機は5643台増の126万324台。回胴式の増加は3カ月連続で、増加幅も初の4桁台を記録した。その一方、今年になって増減を繰り返しているパチンコ機は、今年に入ってからの最大の下げ幅となり、規則改正直後とは対照的な展開になってきている。その他遊技機を含めた総台数は、回胴式が底支えした結果、2978台増の419万9107台になった。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東商流総会、高橋理事長が続投

東商流総会、高橋理事長が続投(更新日:2010/10/28)

東京都内の景品問屋で組織する東京商業流通組合は10月25日に通常総会を開催し、今年6月に行った臨時の役員改選で理事長に就任した高橋雄豪氏の続投を決めた。


また、偽造金商品については当事業年度はほぼ沈静化したものの、今まで繰り返し被害を受けていたことから、地金部分の真贋をチェックする判定機の開発を進めており、間もなく市場に投入できる見通しにあることが報告された。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

タイヨーエレックが通期業績を修正

タイヨーエレックが通期業績を修正(更新日:2010/10/28)

タイヨーエレックは10月27日、5月11日に発表していた平成23年3月期の通期業績予想の修正を発表した。


売上高を前回発表から10億円減となる331億円に、営業利益を同6億9000万円増の45億5000万円に、経常利益を同6億8000万円増の45億7000万円に、当期純利益を同3億7000万円増の26億5000万円に、それぞれ修正した。

遊技機の販売台数が当初計画から1万6000台減となる10万9000台になる見込みから売上高を下方修正したものの、価格戦略の見直しと経費の効率化によって利益面は上方修正する予想を示した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ダイコク電機が第2四半期の業績予想を下方修正

ダイコク電機が第2四半期の業績予想を下方修正(更新日:2010/10/28)

ダイコク電機は10月25日、平成23年3月期の第2四半期(累計)連結業績予想の修正を発表した。


売上高を前回発表から25億円減となる165億円に、営業利益を1億円減となる8億円に、経常利益を5000万円減となる7億5000万円に、四半期純利益を5000万円減の2億5000万円減にそれぞれ下方修正した。

遊技機の基板製造などを行っている制御システム事業において、販売予定機種が第3四半期以降にずれ込んだためで、通期業績に修正はない。通期業績は売上高460億円、営業利益29億円、経常利益30億円、当期純利益12億円を見込む。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

アビリットが創業時の『高砂電器産業』へ社名変更

アビリットが創業時の『高砂電器産業』へ社名変更(更新日:2010/10/28)

アビリットは10月26日に開催した取締役会で、社名を昭和31年創業時の『高砂電器産業』に戻すことを決議した。


臨時株主総会での承認を経たのち、来年1月1日からの変更を予定している。現在同社が推進している遊技機関連事業への原点回帰を機軸とする経営改革を達成するため、創業精神に立ち返ることが目的。

さらに同日、来年同社がコナミの完全子会社となることにともない、コナミマニファクチャリング&サービス株式会社で代表取締役社長を務めている山本哲也氏を、新たな取締役候補者とすることを決議した。同じく臨時株主総会での承認を経て、来年1月1日に新たな取締役に就任する予定だ。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

テンガイが創業15周年謝恩会を開催

テンガイが創業15周年謝恩会を開催(更新日:2010/10/28)

九州を中心に「フェスタ」の屋号でグループ展開するテンガイは10月22日、創業15周年記念謝恩会を開催した。


謝恩会には、同社役員や幹部社員、取引業者など300名超が出席した。平本社長は挨拶で感謝の意を表したうえで、同社新体制の構想案を発表するとともに、年明けを目処に関東エリアに新たな店舗を展開する意向を述べるなどした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

同友会、ホール5団体で歩調を合わせる姿勢を打ち出す

同友会、ホール5団体で歩調を合わせる姿勢を打ち出す(更新日:2010/10/26)

同友会は10月20日、民主党娯楽研が作成したパチンコ業法の草案に対して、同友会単独で回答する考えを撤回し、ホール5団体で歩調を合わせる対応していく方針を発表した。


高濱代表理事は「協議が5団体の場に移ったことで、同友会単独の回答は控える。今後は業界全体の問題という認識に基づき5団体で協議した上で対応をしていきたい」と説明し、他団体と歩調を合わせる姿勢を示した。検討会及び10月12日に行われたホール5団体協議の途中経過を報告をするなかで、「現行法下での運用面に関わる課題の抽出などを行っている」としながらも、草案については「射幸性指導などで二重行政になる恐れがあり、混乱をきたす可能性も考えられる」と指摘するなど、共管に対して改めて疑問を呈した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket