「伯和ビクトリーズ」が都市対抗野球本大会に出場

「伯和ビクトリーズ」が都市対抗野球本大会に出場(更新日:2010/9/6)

広島県のホール経営企業・伯和グループの硬式野球チーム「伯和ビクトリーズ」が、8月27日から行われている社会人野球のトーナメント「第81回都市対抗野球本大会」に東広島市代表として出場。


8月29日の1回戦でかずさマジック(君津市)を5-0で破り、4度目の出場にして念願の初勝利を飾ったものの、9月2日の2回戦では住友金属鹿島(鹿嶋市)に延長戦の末1-5で敗れて惜しくも上位進出はならなかった。

「伯和ビクトリーズ」は、同じ広島県の東洋観光グループ(飲食・パチンコ・清掃用具のリース業などを経営)が12年間運営してきた「リースキン硬式野球部」をチームごと引き継ぐかたちで、2005年に創部した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

アサヒディードがトラスト協会に募金を贈呈

アサヒディードがトラスト協会に募金を贈呈(更新日:2010/9/6)

アサヒディードは8月24日、財団法人大阪みどりのトラスト協会へ募金15万1863円を贈呈した。


環境保全を目的とした「グリーンアップキャンペーン」を2年前から展開している同社では、6月1日〜7月11日にわたって緑の募金活動を実施してきた。キャンペーン期間中は本部と店舗の合計12カ所で花の種の販売を行ったほか、社員やスタッフ、来店客から募金を呼びかけるなどした。募金した来店客には緑の羽根を、300円以上の募金者には緑のバッジを進呈した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

マースがパーソナルと新型Air搬送を発表

マースがパーソナルと新型Air搬送を発表(更新日:2010/9/6)

マースエンジニアリングは9月2日から主要7都市で新製品展示会を開催した。


今回の展示会で中心となった製品は、普及が進む各台計数システムの先駆けとなったパーソナルPCシステムの第4弾と「Air紙幣搬送システム」の新ラインナップ。パーソナルPCシステムでは、有機ELを採用したディスプレイ部分を7セグとテンキーボタンにしたほか、カード盗難機能を強化した。Air紙幣搬送システムは、今回から製品名を「疾風(はやて)」とし、従来の島幅530ミリ対応を500ミリまで対応可能とした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

藤商事が最新機種イベントを開催

藤商事が最新機種イベントを開催(更新日:2010/9/6)

藤商事は9月4日、パチンコ新機種「CRヴァン・ヘルシング〜ハンティングラッシュ」のファン交流イベントを開催し、モバイル登録会員から抽選で当選した一般ファン約120名が参加した。


午前と午後の2回にわたって行われたイベントは、新機種の試打会のほか、人気パチンコライターによるトークショー、優秀者2名に「ヴァン・ヘルシング」のTシャツがプレゼントされる「大当たり早引き大会」などで盛り上がりをみせた。

今回のイベントについて同社販売促進課では、9月末に市場投入を控える新機種への営業支援の一環としながら、「導入前に新機種の面白さを一般ファンの皆様に伝えることで、ホール様への来店動機に繋げていきたい」と話している。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

綜合ユニコム主催で最新設備の展示会開催へ

綜合ユニコム主催で最新設備の展示会開催へ(更新日:2010/9/6)

綜合ユニコムはこのほど、同社主催による「パチンコイノベーションフォーラム2010」を10月19日に東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催することを発表した。


環境問題への対応や省力化機器などを中心とした全46社による最新設備機器展と、全8講座のセミナー、出展企業による全11講座のワークショップなどで構成。「パチンコ産業の未来創造」をテーマに、ホール経営をイノベート(革新・再生)するビジネスモデルやマーケティング戦略を提言したいとしている。

入場は業界関係者のみの限定招待制。セミナーは事前申し込み制の1講座3000円(一部無料公開)で、ワークショップセミナーは無料だが全講座事前申し込み制となっている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

I・T・Aヴィデオサービスが福岡支店を新設

I・T・Aヴィデオサービスが福岡支店を新設(更新日:2010/9/6)

監視カメラシステムやサウンドシステムなど、幅広いシステム機器を取り扱うI・T・Aヴィデオサービスは、このたび福岡支店を新設した。住所、連絡先は下記の通り。


〒812-0892
福岡県福岡市博多区東那珂3-2-23
TEL 092-432-3130
FAX 092-432-3135

遊技通信

LINEで送る
Pocket

みつる興産が事業停止、自己破産申請へ(長崎)

みつる興産が事業停止、自己破産申請へ(長崎)(更新日:2010/9/6)

民間信用調査機関によると、パチンコホール経営の株式会社みつる興産(長崎県大村市、代表田端正成氏)が8月31日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが分かった。


同社は、1982年1月に創業、84年5月に法人改組したパチンコホール経営業者。「みつる会館」「パーラーM」の店舗名で大村市、佐世保市、諫早市飯盛町内のほか、96年4月には東京都品川区まで店舗展開を行っていた。また、関係会社ではカラオケ店、コンビニエンスストア、アイスクリーム店など事業を多角化していた。

しかし、過大な設備投資等から98年4月に長崎地裁大村支部の和議を申請。同年12月に和議認可の決定を受けて、大村市幸町の「みつるビル」にてパチンコ店・サウナ・カプセルホテル(クアクア)の運営を行い、経営の再建を行っている最中であった。従来より一般債権者に対する旧債(和議債務)が負担であったほか、パチンコ部門、宿泊部門は共に競合も激しいなど厳しい経営状況が続き、今回の事態となった。

負債は債権者約63名に対し約1億4000万円が見込まれる。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

サンセイR&Dが「CRファナティックバトル」を発表

サンセイR&Dが「CRファナティックバトル」を発表(更新日:2010/9/6)

サンセイR&Dは8月27日、パチンコ新機種「CRファナティックバトル」を発表した。


新機種は、同社が得意とする高画質CGキャラクターがバトルを繰り広げるオリジナルコンテンツを採用し、大当りラウンド中のバトルに勝利すると突入する、電サポ作動の「ファナティックバトル(FB)」が出玉増加の鍵を握る。バトルは、展開によって継続率93%の高勝率バトルと同50%の危機バトルに分岐し、この2つのバトルによるゲーム性「クロスバトル」で継続のドキドキ感を演出する。

シリーズ機は、大当り確率1/334.36・FB継続率83.69%の「SK」と、同249.18・FB継続率77.26%の「DKR」の2機種。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ユニバーサルEがオープン懸賞を実施

ユニバーサルEがオープン懸賞を実施(更新日:2010/9/6)

ユニバーサルエンターテインメントは9月11日から、一般ファンを対象としたオープン懸賞「ユニバーサルNO.1キャンペーン」を実施する。


ウィンマカオ宿泊付き2泊3日のマカオ旅行を3組6名に、ドンちゃん&葉月ちゃん金銀コインセットを20名に、オリジナルロゴ入りiPadを77名にプレゼントするなど、総勢777名分の豪華賞品が用意されている。応募は専用応募ハガキか郵便ハガキ、またはキャンペーンwebサイトや携帯サイトなどから受付。期間は来年1月19日までとなっている。

同社では、「パチスロ業界での支持率NO.1を目指すことを宣言し、それを実現するための一環」としている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

セガサミーHD、グループ3社を完全子会社化

セガサミーHD、グループ3社を完全子会社化(更新日:2010/9/6)

セガサミーホールディングスは8月27日、グループ企業であるサミーネットワークス、セガトイズ、トムス・エンタテインメントの3社を株式交換により完全子会社化することを発表した。


効力発生予定日は12月1日で、長期的な視点に立ったグループ内資源の有効活用を行うことなどが目的。交換比率は、サミーネットワークス1株に対しセガサミーHD株333株、セガトイズ1株に対し同0.33株、トムス・エンタテインメント1株に対し同0.26株が割り当て交付される。また、今回の株式交換により完全子会社となる3社は11月26日をもって上場廃止となる見込み。

遊技通信

LINEで送る
Pocket