タイヨーエレック、パチスロ「リンかけ1」好調で中間業績を上方修正

タイヨーエレック、パチスロ「リンかけ1」好調で中間業績を上方修正(更新日:2010/9/28)

タイヨーエレックは9月24日、中間期までの個別業績予想を上方修正した。


パチスロ機「リングにかけろ1」の販売が順調に推移していることなどから、売上高で16.9%増となる211億円、営業利益で139.3%増の39億円、純利益は142.1%増の23億円と当初予想より、大幅な増収増益を見込んだ。中間期までのパチンコ機販売が当初予想より約1万1000台減った約2万8000台に留まった一方、パチスロ機販売が予想より約1万台多い約3万5000台に達するなど好調だった。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

タイヨーエレック、オープン懸賞を実施

タイヨーエレック、オープン懸賞を実施(更新日:2010/9/28)

タイヨーエレックは9月25日から、「パチスロリングにかけろ1 〜黄金の日本Jr.編〜」の発売を記念したオープン懸賞「119.22万円分旅行券プレゼントキャンペーン」を開始した。


応募方法は、キャンペーンサイトまたはツイッターサイト上で、「赤」「青」任意のコーナーから既定のタグ全文とハッシュタグ「♯rinkake_blue」を挿入しツイート(応募)する。応募総数の多いコーナーから抽選で1名に119.22万円分旅行券、応募総数の少ないコーナーから抽選でフランス産赤ワイン・ブルゴーニュピノ・ノワール119.22本分、バーボンレベッカ10年119.22デシリットル分など5名に世界のグルメをプレゼントする。

「つぶやき(ツイート)1回につき1口の応募」となるため、つぶやくほど、当選確率が上がる仕組みになっている。応募期間は10月31日まで。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

エレコ 緑ドン「不正1BETボタン」を押収

エレコ 緑ドン「不正1BETボタン」を押収(更新日:2010.09.27)

 緑ドンにおける「①不正1BETボタン+②不正精算ボタン+③セル」を押収しましたのでお知らせ致します。


 
緑ドン不正1BET

 情報提供先:株式会社ジーティネット

ジーティーネット

LINEで送る
Pocket

特別養護老人ホーム入所者をホールに無料招待

特別養護老人ホーム入所者をホールに無料招待(更新日:2010/9/24)

長野県内でパチンコホールなどを経営しているサンティアは9月21日、富士見町の「遊パークパチンコゾーン」でパチンコ無料招待を開催した。


同社が社会貢献活動の一環として取り組んでいるこの催しは、地元特別養護老人ホームの入所者を対象に、リフレッシュの提供とパチンコ体験による生き甲斐作りを目的に平成17年から毎年実施。今年は近隣の施設から計45名の参加者が集まり、店内の甘デジコーナーや海物語コーナーのパチンコを楽しんだ。

前日の閉店後から装飾やイスの取り外しなどの準備作業を行い、当日は店舗を終日休業。同店スタッフをはじめグループ店舗からの応援など計17名がイベント運営にあたった。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

幕張メッセで「東京ゲームショウ2010」が開催

幕張メッセで「東京ゲームショウ2010」が開催(更新日:2010/9/24)

社団法人コンピューターエンターテインメント協会は9月16日から19日までの4日間、幕張メッセで「東京ゲームショウ2010」を開催した。


今年で20回目を迎える今回のショーには、国内メーカー103社を筆頭に、アメリカ、アイルランド、イギリスなど14の国と地域から91社が集結。プラットフォーム別の出展傾向を見ると今年は、従来の据え置き型ゲーム機に比べて携帯電話やiPhone、iPad、ニンテンドーDS、PSPなど携帯ゲーム機用のタイトルが大量に供給されたのも大きな特徴となった。4日間の会期中、会場には20万7647人が来場するなど、昨年の18万5030人を上回る多くの来場者が詰め掛けた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

「パチスロの日」キャンペーン、応募総数は約3万3000件に

「パチスロの日」キャンペーン、応募総数は約3万3000件に(更新日:2010/9/24)

日電協と回胴遊商はこのほど、7月7日から8月1日までの約1カ月間に渡って実施した「パチスロの日」制定記念プレゼントキャンペーンの応募結果を発表した。


ウェブとハガキを含めた応募総数は3万3471件で、そのうち88%がパチスロ経験者。性別では男性が66.2%、一番多かったのが30代男性で全体の20.4%を占めた。

このキャンペーンは、パチスロ業界の活性化とパチスロをしない人にも広くパチスロを知ってもらうことを目的に、毎年8月4日を「パチスロの日」と制定し、日本記念日協会に登録したことを記念して行われたオープン懸賞。ラスベガスツアーや大型液晶テレビなど、豪華賞品が用意され、発表会見にはタレントの山本モナをゲストに招くなど、大々的なPRを行っていた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

第二営業部が全6回のマーケティングセミナーをスタート

第二営業部が全6回のマーケティングセミナーをスタート(更新日:2010/9/24)

第二営業部は9月17日、全6回に渡るマーケティングセミナー「知求堂」をスタートさせた。


セミナーは同社の堀川顧問が企画したもので、参加者が4〜5名ずつに分かれてのグループワークを交えながら、マーケティング理論の修得を目指す。6回にわたって行うグループワークでは、千葉県内の実在するホールを仮想運営するというテーマを発表した。ノンブル・マーケティング社が提供した同市の人口分布や世帯収入データなどを参考にしながら、「業界最大手チェーンが進出してきても、収益をしっかり確保できるホール」を目指し、立地や台数規模を踏まえながら戦略を練っていくという。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

少年軟式野球大会に太陽グループが特別協賛

少年軟式野球大会に太陽グループが特別協賛(更新日:2010/9/24)

ホール経営大手の太陽グループは9月18〜19日、釧路市及び阿寒町で行われた「太陽グループ杯争奪第17回全道少年軟式野球大会」を特別協賛した。


全道ナンバー1の座をかけた大会には道内14支庁の支部予選大会を勝ち抜いてきた16チームが参加し、促進ルールに基づく延長の末、上川支部代表『永山西クラブ』が劇的な勝利を収めた。『永山西クラブ』は、来夏に東京で開催される世界大会予選国内大会の出場権を獲得した。大会中は、特別協力の「NPO法人太陽グループボランティアチーム」が例年同様、ボールボーイや得点掲示板係など大会運営の補助を行った。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ピーマップスが恒例の無料セミナーを開催

ピーマップスが恒例の無料セミナーを開催(更新日:2010/9/22)

ピーマップスは9月16日、恒例の無料セミナーと機械勉強会を開催した。


講師は、同社の本田正豪執行役員、船井総合研究所の岡田龍也シニアコンサルタント、ヒューテックの福田耕太郎顧客支援部長の3名が務めた。本田氏は新機種のスペックとゲージ特性について解説し、入替自粛前最後のビッグタイトルとなる「CRぱちんこ戦国無双」を評価するなどした。

福田氏は、同社ホールコンピュータ導入店のデータをまとめたCISデータを基に入替自粛の展望について解説し、入替自粛中の戦略は定番機種の強化が王道と指摘した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コナミがアビリットを完全子会社化へ

コナミがアビリットを完全子会社化へ(更新日:2010/9/22)

コナミは9月21日、遊技機メーカーのアビリットを株式交換で完全子会社化することを発表した。


交換比率は、コナミの1に対しアビリットが0.052。アビリットが11月29日に開催を予定している臨時株主総会の決議による承認を受けたうえ、平成23年1月1日付けで株式交換が実施される予定だ。

すでにコナミは、グループ企業であるパチスロメーカーのKPEでパチスロ事業を展開。これまでにも「マジカルハロウィン」シリーズなど、数々のヒット機種を販売してきているが、今後、アビリットの持つ遊技機関連事業のノウハウを得ることで、さらなる事業拡大を図る構えだ。一方のアビリットは、遊技機の販売低迷による業績不振が続いており、平成21年12月期の連結決算では、51億円余りの最終赤字を計上するなど資金繰りが悪化、財務および経営基盤の安定化が喫急の課題となっていた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket