東京都公安委員会検定通過状況(8月9日)

東京都公安委員会検定通過状況(8月9日)(更新日:2010/8/10)


◇CRAREIDEENフェードインR2、ぱちんこ、高尾
◇CRREIDEEN神速篇R2、ぱちんこ、高尾
◇CRA勇者ライディーンFPWZ、ぱちんこ、藤商事
◇CR伝説の凄腕XMKC、ぱちんこ、三洋物産
◇CRA伝説の凄腕XSKDS、ぱちんこ、三洋物産
◇CRナポレオン−獅子の時代−87X、ぱちんこ、豊丸産業
◇CRナポレオン−獅子の時代−Z、ぱちんこ、豊丸産業
◇CRナポレオン−獅子の時代−M、ぱちんこ、豊丸産業
◇CRファナティックバトルMK、ぱちんこ、サンセイアールアンドディ
◇CRファナティックバトルDKR、ぱちんこ、サンセイアールアンドディ
◇CRフィーバーX JAPAN 紅魂、ぱちんこ、三共
◇CR豪血一族FA、ぱちんこ、ソフィア
◇CR豪血一族FB、ぱちんこ、ソフィア
◇CRA豪血一族GL、ぱちんこ、ソフィア
◇CR北斗の拳剛掌HVA、ぱちんこ、サミー
◇CRフルメタル・パニック!TSR FRX、ぱちんこ、タイヨーエレック
◇CRAぱちんこ華王美空ひばり極LA1、ぱちんこ、京楽産業.
◇CRAぱちんこあしたのジョーLC1、ぱちんこ、京楽産業.
◇CRAジャンボRUSH N−K、ぱちんこ、ニューギン
◇CRAジャンボRUSH N−KG、ぱちんこ、ニューギン
◇エピソードドライブZ、回胴式、ニューギン
◇茉莉花の剣2、回胴式、ネット
◇スイートケロット、回胴式、山佐

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ユニバーサルE、第1四半期業績は赤字に

ユニバーサルE、第1四半期業績は赤字に(更新日:2010/8/10)

ユニバーサルエンターテインメントは8月6日、平成23年3月期第1四半期の連結業績を発表した。


売上高は20億2100万円(前年同期比83.5%減)、営業損益は26億7200万円の赤字(前年同期は15億2700万円の黒字)に転落、四半期純損失は22億6100万円の赤字(同12億6100万円の赤字)となった。今年6月に発表した平成22年3月期の通期連結決算ではパチスロ機販売が好調で最終黒字を計上したが、今回はパチスロ・パチンコ事業の業績が予想を下回り、再び赤字に転落した格好となった。

第1四半期では、パチスロ機「SLOTとんでも戦士ムテキング」を市場投入したが、ソフト交換を含めた販売台数は4000台に留まった。その結果、パチスロ・パチンコ事業の売上は前年同期比87.8%減となる14億2200万円、営業損益は前年同期の21億6600万円の黒字から12億3200万円の赤字となった。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ニューギンが「花の慶次」でファンイベント

ニューギンが「花の慶次」でファンイベント(更新日:2010/8/10)

ニューギンは、日本記念日協会に「花慶の日」として認定されている8月7日、同社のヒット機種である「CR花の慶次」シリーズのファンイベント「ファン感謝祭プレミアムライブ」を開催した。


「花の慶次」の花(ハナ)の語呂合わせから8月7日を「花慶の日」とし、ファンに対する感謝の意を込めて開催するこのイベントは、今年で3年連続3回目。抽選で選ばれた「花の慶次」の熱狂的なファンおよそ470人が来場し、「花慶」一色に染まった真夏のイベントを満喫した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

日本GC四半期決算、増収に

日本GC四半期決算、増収に(更新日:2010/8/10)

日本ゲームカードは平成23年3月期の第1四半期の業績を発表した。


売上高87億4700万円(前年同期比8.5%増)営業利益8億4700万円(同39.1%増)、経常利益8億2800万円(同35.5%増)、四半期純利益4億3800万円(同24.8減)となった。増収を支えたのは、昨年11月に市場投入した「B∞LEX」(ビーレックス)が、コスト削減に積極的な動きをみせるホールから高い評価を得、特に各台計数機能付ユニットの販売が好調に推移したため。

加盟店舗数の減少傾向こそ鈍化しているものの、増加するまでには到っていないことや、カード販売枚数が磁気カードを中心に大幅に減らしていることなどから、カード収入高(10億3600万円、同12.4%減)とシステム使用料収入(26億3800万円、同4.2%減)は前年同期に比べ落ち込みをみせた。利益面では、売上増に加え、第1四半期に見込んでいた研究開発費が第2四半期にずれ込んだため、当初予想を大きく上回った。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

マルハンが京大「パチンコ依存症」研究チームを支援

マルハンが京大「パチンコ依存症」研究チームを支援(更新日:2010/8/10)

マルハンはこのたび、パチンコの依存症に関する研究活動に対し、支援を行っていくことを明らかにした。


京都大学大学院の村井俊哉教授(医学研究科 精神科神経科)の研究チームによる「依存症の脳内メカニズムに関する研究」に対して3年間の支援を行うもので、専門家らと共同で研究に取り組むことも視野に入れている。

村井教授の研究テーマ「依存症の脳内メカニズムに関する研究」は、パチンコ依存にターゲットを絞り、依存に陥ることによる脳機能の変化を医学的見地から解明していくというもの。実験協力者を「娯楽としてギャンブル・ゲームを楽しんでいる人」「病的なギャンブル・ゲーム依存の人」「行動レベルでは依存傾向にあるが、任意で止めることができる人」の3タイプに分けて脳の活動状況を分析することで、「熱中すること」と「依存」の差異などについて科学的に掘り下げていく。平成24年度までの3年間でデータ量を増やし、パチンコ依存症防止の指針づくりや治療プログラムの開発に繋げたい考えだ。

マルハンの韓裕社長は、研究内容の発表などが行われた記念講演会の挨拶で今回の支援について触れ、「パチンコ業界は、のめり込みなど負の部分に対する取り組みが遅れている。約10年前から業界団体を中心に依存症の問題に取り組んできたが、学術的・医学的視点からの本格的な研究は行われてこなかった。これを機に依存症の学術的研究が進み、何らかの問題解決に繋がることを望んでいる」と語った。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

高崎遊技場組合の12店舗が接客コンテスト

高崎遊技場組合の12店舗が接客コンテスト(更新日:2010/8/10)

群馬県の高崎遊技場組合は8月5日、組合ホールスタッフよる接客コンテスト「第1回P‐1グランプリ」を催した。


「P‐1グランプリ」は、組合ホールの中から最も優れたスタッフを選出するというもので、選考を通じて加盟店全体のサービススキルのアップを図るのが狙い。

予選をクリアした12店舗の代表スタッフが、初心者を想定した接客ロールプレイングや、自己スピーチを披露するなど、自身の仕事に対する姿勢を積極的にアピールした。なお、優勝者には「ピアーズ箕郷店」の大谷和代さん(27)が輝いた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

藤商事「ライディーン」試打会に140人が来場

藤商事「ライディーン」試打会に140人が来場(更新日:2010/8/10)

藤商事は8月7日、パチンコ新機種「CR勇者ライディーン」の一般ファン向け試打会「CR勇者ライディーン ファンの集い」を東京支社ショールームで行った。


特設ウェブサイトや雑誌告知記事で参加を募ったこの日の試打会には、抽選で選ばれたファン約140名が参加。午前と午後に分かれ、1回15分間の試打で新機種の魅力を堪能した。

当日は、パチンコライターが新機種のゲーム性や大当たりまでのリーチ演出などを解説したほか、優秀者2名に「ライディーン」の関連グッズがプレゼントされる、「大当たり早引き大会」などで盛り上がりを見せた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

平和が新日本プロレスと強力タッグ

平和が新日本プロレスと強力タッグ(更新日:2010/8/10)

平和がメインスポンサーを務める新日本プロレスの大会「Powered by HEIWA 江戸の始末屋〜最強新日烈伝〜G1 CLIMAX XX」の開幕前日会見が8月5日、開催された。


また平和は新日本プロレスとタイアップし、「G1 CLIMAX」に出場する中西学選手と棚橋弘志選手に加え、蝶野正洋選手と天山広吉選手が出演する、パチンコ新機種「CR江戸の始末屋〜最強新日烈伝〜」を発表。実機に登場した4人が撮影で使用した衣装で登場し新機種をPRした。

新日本プロレスの菅林直樹社長は「平和様には20回目を迎えるG1 CLIMAXのメインスポンサーを務めて頂くとともに、素晴らしいパチンコ台を作って頂いた。パチンコとプロレスの双方が新規ファンを獲得し発展に繋げていければと思う」と語った。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

システム・ロケーションが事務所移転

システム・ロケーションが事務所移転(更新日:2010/8/10)

パチンコホール向けの次世代型頭取りシステム「Real Data Box」を開発したシステム・ロケーションはこのほど事務所を移転し、8月16日から業務を開始する。住所・連絡先は下記の通り。


〒153-0043
東京都目黒区東山2-6-3 SLC目黒東山ビル
TEL 03-6452-2864(代表)
FAX 03-5725-8775(代表)

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ダイコク電機が「口蹄疫」被害で義援金

ダイコク電機が「口蹄疫」被害で義援金(更新日:2010/8/10)

ダイコク電機は7月28日、義援金100万円を社会福祉法人宮崎県共同募金会に寄付した。


義援金は宮崎県で発生した家畜伝染病「口蹄疫」で被害を受けた畜産農家に対する支援で、同社では「口蹄疫により被害を受けた畜産農家の皆様には心からお見舞い申し上げます」としている。また、これに対し宮崎県では、ダイコク電機へ感謝状を授与するなどした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket