全日遊連組合員数調査、今年に入って一進一退

全日遊連組合員数調査、今年に入って一進一退(更新日:2010/6/30)

全日遊連が月次調査している都府県方面遊協の組合加盟店舗数調査によると、平成22年5月末現在の営業店舗数は前月から17店舗減って、1万1,613店舗となった。


新規店が18軒と振るわず、一方で廃業店が31店舗あったほか、当月発生分の休業店舗も15店あったことなどが響いた。休業店舗数については、19年11月期の362店舗をピークに減少傾向が続き、前回調査では初めて2ケタ台に落ち着いていたが、今回、3ケタ台に戻った。

遊技機台数は、パチンコ機が605台減らして294万5,068台、パチスロ機が1,243台減って125万5,867台、その他遊技機を含めた総台数は420万1091台となった。パチスロ機は19年の調査以来、前回調査ではじめて前月比でプラスに転じていたほか、パチンコ機も前回調査では約1万台の大幅な伸びを示していたが、今回はそのどちらもマイナスとなった。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

大都技研が『爺』を主人公にしたパチスロ機を発表

大都技研が『爺』を主人公にしたパチスロ機を発表(更新日:2010/6/30)

大都技研はこのほど、パチスロ機「ギラギラジイサマー」を発表。

新機種は、大ヒット機種「吉宗」の人気キャラクターである『爺』を主人公にしたスピンオフ作品。スペックは1ゲーム純増約1.8枚のARTが主体となっており、ツボにはまった時の瞬発力が売りだ。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

大都技研が人気海外ドラマ「24」のパチンコ機を発表

大都技研が人気海外ドラマ「24」のパチンコ機を発表(更新日:2010/6/30)

大都技研はこのほど、パチンコ新機種「ぱちんこ24-TWENTY FOUR-」を発表。

新機種は人気海外ドラマの『24』をモチーフにし、甘デジとライトミドルの2スペックをラインナップした。甘デジではST24回で最高継続率88%、ライトミドルでは同100回、同90%という高いループ率を実現した仕様が特徴だ。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

エンビズ総研がリーダー育成施策を解説

エンビズ総研がリーダー育成施策を解説(更新日:2010/6/30)

エンビズ総研は6月29日、今回は「ホールリーダー改革術」をメインテーマに、Aclub月例セミナーを開催。

部下の育成に悩む役職者に向けて、活気に溢れる現場を作るために不可欠なリーダー的存在を担うホールスタッフを育成するために必要な施策を、実際にホールの人材育成経験を持つ同社人材コンサルタントの西岡隆氏が自身の体験を交えながら解説した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東京都公安委員会検定通過状況(6月28日)

東京都公安委員会検定通過状況(6月28日)(更新日:2010/6/29)

◇CRAにゃんちゃいなDAE、ぱちんこ、ソフィア
◇CRA商売繁盛 笑門来福DJF、ぱちんこ、ソフィア
◇CRAにゃんちゃいなDBF、ぱちんこ、ソフィア
◇CRA商売繁盛 笑門来福DKE、ぱちんこ、ソフィア
◇CR北斗の拳剛掌HVJA、ぱちんこ、サミー
◇CR覇王信長FPM、ぱちんこ、藤商事
◇CR覇王信長FPMZ、ぱちんこ、藤商事

遊技通信

LINEで送る
Pocket

「なっちゃんを救う会」が募金活動を展開

「なっちゃんを救う会」が募金活動を展開(更新日:2010/6/29)

難病の拘束型心筋症を患う都内中野区在住の7歳の女の子、古家菜沙(こが・なずな)ちゃんに対する支援の輪が、パチンコ業界にも拡がっている。

菜沙ちゃんは5歳で拘束型心筋症が判明し、主治医から「一刻も早い心臓移植が必要」と診断され、カナダでの渡航移植を受けることになった。カナダで移植手術を受けるには9,000万円が必要で、現在「なっちゃんを救う会」(菊田桂子代表)が中心となり募金活動を展開している。

パチンコ業界に支援が拡がったのは、ホール営業支援を手がけるNSPグループ・曽我部康二会長の同級生の友人、古賀みほさんの娘が菜沙ちゃんであったことがきっかけ。「救う会」の菊田代表によると、7月中旬までに6,500万円が必要な状況のようで、救う会のホームページによると6月28日現在で2,511万 9,527円が集まっている。

「なっちゃんを救う会」事務局、03-5327-5730まで。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

正村商会が事業停止、事後処理を弁護士に一任(愛知)

正村商会が事業停止、事後処理を弁護士に一任(愛知)(更新日:2010/6/28)

民間信用調査機関によると、パチンコ店や観光ホテルを経営する正村商会(愛知県名古屋市西区、代表正村勝一氏)が事業を停止し、6月24日に弁護士に事後処理を一任したことが分かった。

当社は1941年創業、55年9月に法人改組されたパチンコホール、観光ホテルの経営業者。創業者の正村竹一氏は現在のパチンコ台の原型とされる「正村ゲージ」の考案者として知られ、「風車」なども考案するなどパチンコ産業の基礎を築いた人物のひとり。

本社ビルの1階で「パチンコマサムラ」、2階で「正村寿呂斗館」を経営するほか、マンションの賃貸や新潟県妙高市の赤倉温泉での「ホテル太閤」の経営も行い、2005年4月期は年収入高約36億9700万円を計上していた。しかし、主力のパチンコ部門は大手同業者の進出による競合激化や5号機問題などで集客が低迷し、観光ホテル部門も不況の影響から伸び悩み傾向が続き、09年4月期の年収入高は約14億5200万円に落ち込み、借り入れ負担も重く赤字経営が続いていた。その後も売り上げに回復は見られず、先行きの見通し難から今回の措置となった。なお、現在のところホテルの営業は継続している。

負債は2009年4月期末時点で約11億6400万円だが流動的。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

全日遊連・原田理事長、ブロック別青年部に意欲

全日遊連・原田理事長、ブロック別青年部に意欲(更新日:2010/6/28)

全日遊連は6月25日、通常総会を開催し、先の理事会における理事長候補者選挙で再選が内定していた原田實氏(東京)を理事長に選出した。

副理事長は、大城正準氏(千葉)、青松英和氏(長野)、金本正浩氏(福岡)、秋山照明氏(岩手)、山本容基氏(富山)の5名が留任。ただし副理事長は、必要に応じて1名ないし2名を増員する可能性があると発表された。先の理事長選における、原田氏26票、山田茂則氏23票という票差が影響を与えたものと思われる。なお、専務理事は磯敬夫氏が退任し、後任に警察庁中国管区警察局長などを歴任した吉原丈司氏が就任した。

正式に再選を果たした原田理事長は、当日の総会で承認された11項目に渡る重点推事項の推進を掲げたほか、APEC開催に伴う遊技機の入替自粛に対して、この実施を強く要請。さらには、若手の育成を目的としたブロック単位の青年部会の結成に意欲を示した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

「PIVOT基金」がボランティア5団体に助成

「PIVOT基金」がボランティア5団体に助成(更新日:2010/6/25)

東京都遊協青年部会は6月23日、PIVOT基金の助成先団体を決めるプレゼンテーションを開催した。都内で青少年の健全育成に取り組むボランティア団体に対し、1団体30万円を上限とする活動資金を助成するもので、今回で11回目。

応募総数40件のうち、事前の書類選考で絞られた5団体が参加。障がい児にレクリエーションの場を提供する「朝日キャンプ」、理不尽な事件・事故で家族を失った被害者遺族による「生命のメッセージ展」を開催している「いのちのミュージアム」、障がいのある子どもたちと乗馬会を行う「ナナの家」、戦争体験の聞き取り調査を行っている「ブリッジ・フォー・ピース」、日本の子どもの貧困問題に取り組む「マザーフェスタ」の5団体に対し、それぞれ申請額通りの助成を決めた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ぱ未研、新卒採用や新入社員教育のノウハウを共有

ぱ未研、新卒採用や新入社員教育のノウハウを共有(更新日:2010/6/25)

ぱちんこ未来図研究会は6月24日、勉強会を開催。ホール企業5社から、新入社員教育のノウハウに関する事例発表が行われた。

発表したのは、ニラク、山水、アクセス、サンキョー、金馬車で、すでに新卒採用経験のある企業からは採用活動における経験談等も披露されるなど、新卒者を効率よく獲得するためのポイントについて知識を深めるなどした。また、NPO法人顧客ロイヤルティ協会の伊藤秀典理事長による「ESってなぁに?」と題した講演も行われた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket