都遊協、入替え自粛期間は神奈川に同調する方針

都遊協、入替え自粛期間は神奈川に同調する方針(2010/04/30更新)

 東京都遊技業協同組合は4月28日、4月度理事会を開催し、APEC(アジア太平洋経済協力会議)開催に伴う遊技機の入替え自粛期間について、首脳会議の開催地である隣県の神奈川の自粛期間に歩調をあわせる方向でまとまった。

 APEC首脳会議は11月13、14日に横浜市内で開催される予定で、神奈川県遊協ではこの両日を挟む10月30日(土)から12月5日(日)の37日間を自粛期間の予定としている。

 今回の入替え自粛は、APEC開催で警備強化が予想される警察当局への協力と、CO2削減が目的。全日遊連では、10月1日から11月30日のうち、首脳会議開催日を含んだ1ヶ月以上の自粛期間を各都府県遊協で設定するよう提案している。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

平成21年末の店舗数は1万2652軒〜警察庁

平成21年末の店舗数は1万2652軒〜警察庁(2010/04/30更新)

 警察庁は4月23日、「平成21年中における風俗関係事犯等について」を発表した。

 平成21年末におけるぱちんこ営業所数は前年比285軒減の1万2652軒。依然として減少傾向にあるがそのペースはやや鈍化した。回胴式遊技機等設置店は930軒で前年より207軒減少している。

 設置台数はパチンコ312万9937台(前年比5万3516台増)、パチスロ133万6880台(同11万1893台減)、じゃん球等275台(同46台減)、全体では446万7092台(同5万8423台減)。1店舗あたりの設置台数は353.1台で前年より3.2台増加している。

 設置台数別の店舗数では1000台以上の店舗が8店舗増加の118軒、501台以上1000台以下の店舗数が93店舗増の2069軒となっているのに対し、設置台数500台以下の店舗が減少した。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

サンキューガイア祭を開催

サンキューガイア祭を開催(更新日:2010/4/30)

ホール経営大手のガイアは、4月23日に京セラドーム大阪で行われたプロ野球公式戦「オリックス・バファローズ vs 西武ライオンズ」を「サンキューガイア祭 in 京セラドーム大阪」と題してプロデュースした。

試合前のオープニングセレモニーでは、ガイアガールから西武・吉見太一選手とオリックス・山崎浩司選手へ花束の贈呈が行われたほか、厳選なる抽選の結果、始球式投球権を獲得した大阪市在住の前田真奈美さんによる始球式が行われた。

また同社では、京セラドーム大阪で今年行われる全試合を対象としたシーズンチケットを大阪市に寄付することになっており、授与式がこの日、大阪市庁舎で行われた。寄付されたチケットは、大阪市を通じて市営の各健康・福祉施設へと配布される。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

京遊青が第35回目となる定時総会を開催

京遊青が第35回目となる定時総会を開催(更新日:2010/4/30)

京都府遊協青年部会は4月27日、第35回定時総会を行い、平成22年度の活動計画や役員補充など4つの議案を審議、決議した。

決議された事業計画には、他府県の青年部会との交流や社会活動の積極的な推進などが盛り込まれた。行政からは、京都府警生活安全部生活安全企画課・小林明彦課長補佐が臨席し、風適法の主旨を改めて説明するとともに、「若手経営者として中長期的なビジョンに立った議論をして欲しい」と期待を寄せた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

子供の事故防止活動、21年度は42件の報告事例

子供の事故防止活動、21年度は42件の報告事例(更新日:2010/4/30)

全日遊連は4月下旬、ホール駐車場等における子供の事件・事故防止活動の集計結果を発表。

それによると、各都府県方面遊協から寄せられた事案数は前年より14件増えた42件で、車内に放置されホールスタッフなどに助け出された被害児童数は26人増の58人に上った。

全日遊連では毎年、5月から10月の半年間を子供事故防止活動の強化月間としているほか、特に熱中症などでの危険性の高い7月と8月は特別強化月間に設定。各組合を通じて「子供事故防止対策4箇条」「ホール駐車場巡回点検4箇条」の徹底を促している。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

神奈川県遊協が福祉車両を贈呈

神奈川県遊協が福祉車両を贈呈(更新日:2010/4/30)

神奈川県遊技場協同組合及び同福祉事業協会は4月26日、平成21年度福祉車両贈呈式を開催。

同県遊協と福祉事業協会では、高齢者や障害者の支援を目的とした福祉車両の寄贈事業を昭和60年から実施。昨年からは、県民に対して組合の社会貢献活動に対する周知を拡げるべく、一般公募による寄贈先募集を行っており、今年は38件に及ぶ応募の中から10施設に福祉車両が贈呈された。

同組合がこれまでに寄贈した車両は、昭和60年からの累計で合計168台に達している。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

名星、破産手続き開始決定受ける(愛知)

名星、破産手続き開始決定受ける(愛知)(更新日:2010/4/30)

民間信用調査機関によると、2007年6月29日に名古屋地裁に民事再生法の適用を申請していた名星(愛知県新城市、代表古瀬知子氏)が4月21日に同地裁より破産手続き開始決定を受けたことが分かった。

民事再生法の申請後は、不動産売却などを進め最盛期11店の店舗は4店舗にまで縮小し、2009年5月期の年収入高は約23億8,000万円にまで落ち込んでいたが、景気悪化とパチスロ5号機問題などから業界環境は悪化の一途で、以降も減収必至で収支改善のメドがつかず、先行き見通し難から今回の措置となった。

負債は、再生債務や借入金などを主体に約69億4,900万円。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

回胴遊商が新規加入組合員対象に講習会を開催

回胴遊商が新規加入組合員対象に講習会を開催(更新日:2010/4/30)

回胴遊商は4月28日、新規加入組合員を対象とした講習会を行い、今年は13社25人が受講した。

この研修会は、健全な遊技機流通活動の周知徹底と組合組織および社会貢献活動などに対する理解を深めることが目的で、組合発足の経緯から実務的な流通時の作業手順などがおよそ4時間に渡って説明された。講師を務めた同組合顧問の桂木俊郎氏、「長い年月をかけて築いた信頼も、一回の間違いで地に落ちてしまう。適正な流通を徹底して欲しい」と呼びかけた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東京の「APEC自粛」、10月30日から37日間で調整へ

東京の「APEC自粛」、10月30日から37日間で調整へ(更新日:2010/4/30)

東京都遊協は4月28日に理事会を開催し、APEC開催に伴う遊技機の入れ替え自粛の期間を10月30日から12月5日までの37日間で調整することを確認した。

首脳会議が開催される神奈川県の自粛期間に同調させたもので、隣接する千葉県遊協とも歩調を合わせる予定という。APEC開催に伴う遊技機の入れ替え自粛では、先の全日遊連理事会で11月13・14日の首脳会議開催日を含む1カ月以上の期間を各都府県方面組合で設定する執行部案が提示されていた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ホール数減少幅は鈍化、285店減の1万2,652店に

ホール数減少幅は鈍化、285店減の1万2,652店に(更新日:2010/4/30)

警察庁保安課が4月23日付けでまとめた「平成21年中における風俗関係事犯等について」によると、21年12月末現在の全国のホール数は前年より285店減った1万2,652店となった。19年末の1,089店減、20年末の648店減と比べて、減少幅は大きく鈍化した。

一方、遊技機台数はパチンコ機が5万3,516台増の312万9,937台、回胴式遊技機が11万1,893台減の133万6,880台、その他遊技機が46台減の275台となり、総台数は5万8,423台減の446万7,092台。パチンコの増加傾向、回胴式の減少傾向そのものは変わらないが、それぞれの伸び幅、減少幅は縮小し、一種の均衡状態に近づいていることが窺われる。

遊技通信

LINEで送る
Pocket