ドラマとコラボ、『CR清水の次郎長』発表

ドラマとコラボ、『CR清水の次郎長』発表(2010/01/18更新)

 フィールズ(株)では1月14日、都内ホテルにてビスティ製のパチンコ新機種『CR清水の次郎長〜命の絆〜』の発表会を開催した。

 発表会前日の1月13日にはフィールズ企画・製作総指揮の2時間ドラマ「ジロチョー〜清水の次郎長維新伝〜」がテレビ東京系列にて放映。『CR清水の次郎長〜命の絆〜』ではドラマと連動した映像を、実写とアニメーションを融合させて提供する。

 既存コンテンツとのタイアップではなく、オリジナル作品をテレビ、パチンコなど複数のメディアで展開するという試み。作品ではCG やワイヤーアクションを駆使し、これまでにない映像クオリティを実現した。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

5号機最高クラスの純増2.3枚を実現

5号機最高クラスの純増2.3枚を実現(2010/01/18更新)

 ユニバーサルエンターテインメントではミズホブランドのパチスロ新機種『バジリスク〜甲賀忍法帖』を発表した。

 同機に搭載されたART「バジリスクタイム」は5号機最高クラスとなる1ゲームあたり純増約2.3枚を実現。同ARTはゲーム数管理の「追想の刻」とループ率管理の「争忍の刻」で構成されており、「追想の刻」で規定ゲーム数を消化後「争忍の刻」のバトル演出に発展、ここで勝利すれば再び「追想の刻」に移行するという流れだ。

 ARTの当選契機はボーナス「バジリスクチャンス」。ボーナス当選時の滞在モード(通常or高確率or超高確率)によってART当選期待度が異なる他、ボーナス消化中にもART突入抽選が行われている。また、ART中のボーナス当選はART継続が確定し、ゲーム数上乗せ、ループ率アップのチャンスとなる。

 納品は既に開始されている。

(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

京楽産業.×サミーが「ジョー」ファンイベント

京楽産業.×サミーが「ジョー」ファンイベント(2010/01/18更新)

 史上初のコンテンツ共有によるパチンコ・パチスロ同時リリースに挑む京楽産業.とサミーは1月24日、ファン向けの合同イベント「Wの衝撃」を東京ビッグサイトにおいて開催する。

 当日会場には『びっくりぱちんこ あしたのジョー』(京楽産業.)、『パチスロあしたのジョー』(サミー)が70台ずつ計140台設置される予定。一足早い実機のお披露目となる。ホールデビューはパチスロがイベント翌日の1月25日、パチンコは2月8日からとなる。

 また当日は特設ステージでさまざまな出し物のほか、会場の至る所で共有コンテンツ“ジョー”にちなんだ企画も用意され、原作・アニメファンも意識した内容になっている。

「打つべし.com」

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

ネット、新機軸「アシストボーナスタイプ」発表

ネット、新機軸「アシストボーナスタイプ」発表(2010/01/18更新)

 ネットのパチスロ新機種『ゼットゴールドEX』は、ボーナス(Zラッシュ)が揃う押し順とボーナス図柄をナビする「アシストボーナスナビ」(ABナビ)を搭載するアシストボーナスタイプ。ボーナス確率が1/7となる「スーパーZゾーン」中にABナビが発生することでボーナスが連続していく仕様だ。納品は2月21日からの予定。

 ゲームの流れは、通常時(順押しかハサミ打ちで消化。これ以外の変則押しではペナルティが発生)にナビなしボーナス(Z RUSH)、チャンスZ(Z図柄のダブルライン揃い)、3連続リプレイなどでABナビ高確率状態への移行抽選を行い、高確率状態「Zゾーン」中に高確率移行と同じ契機役や条件の成立でABナビストック抽選が行われる。

 ここで、ナビがストックされると最大32Gの前兆を経て「スーパーZゾーン」に突入。「スーパーZゾーン」中はボーナス確率が1/7までアップ(通常時は1/65)するので、ナビがある限りボーナスの連打が楽しめる。

 さらに、「スーパーZゾーン」中にナビなしボーナス、チャンスZ(Z図柄のダブルライン揃い)、3連続リプレイで上乗せ抽選が行われ、リール窓サイドの「EXランプ」点灯で上乗せが確定。左右の「EXランプ」が点灯すれば10セット以上の上乗せが確定する。

 ボーナスはZラッシュとZボーナスの2種類があり、純増枚数は前者が28枚、後者は平均221枚。なお、Zラッシュ中は1G目に順押し、2G目に逆押しで右リールにダブルZを狙うと1枚アップの29枚を獲得できる。Zボーナス中はフリー打ちで消化。

 またプレミアム要素として、Zラッシュ中にリプレイ成立で平均19セットのABナビが確定。Zボーナスでも成立しただけで平均14セット、フリーズ&パトライト出現が伴えば平均39セットが確定する。

 同機のATシステムでは押し順だけでなく、狙うボーナス図柄の色もナビされるが、目押しをミスしてボーナス図柄が揃わなくてもナビストックは消化しない安心設計で、AT間に20回チャンスZが揃うか、ボーナス間300Gで天井状態に移行し「スーパーZゾーン」が発動する。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket