東京都公安委員会検定通過状況(12月20日)

東京都公安委員会検定通過状況(12月20日)(更新日:2010/12/27)

◇CRうる星やつら4everLove Z、ぱちんこ、奥村遊機
◇CRAフェニックス10、ぱちんこ、P−CUBE
◇CRカンフーパンダVS−RZ、ぱちんこ、ビスティ
◇CR花の慶次〜愛H−KG、ぱちんこ、ニューギン
◇CR花の慶次〜愛H−K、ぱちんこ、ニューギン

遊技通信

LINEで送る
Pocket

船井総研が人材育成に特化したセミナーを開催

船井総研が人材育成に特化したセミナーを開催(更新日:2010/12/20)

船井総研は12月16日、「パチンコホールスタッフ人財強化フォーラム2010」を開催した。


同社コンサルタントの本岡宏尚氏が「店舗オペレーションの改善で人件費を適正化する」というテーマで講演し、過去の実績として、残業時間を44%ダウンし、月間の人件費を13%削減したコンサル事例を紹介しながら、業務環境の改善を呼びかけた。また、主に女性スタッフの育成について講演した同社コンサルタントの中右有美氏は、女性スタッフを幹部職に育成するには現場の理解や本人の意識のほか、妊娠、出産という女性特有の事情に配慮した社内体制を構築することが大事だとの考えを示すなどした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ダイナム2店舗出店で341店舗に

ダイナム2店舗出店で341店舗に(更新日:2010/12/20)

ホール企業大手のダイナムは12月17日、岡山県倉敷市と福井県あわら市に「信頼の森」屋号の新規店2店舗を同時出店した。


岡山県内では8店舗目、福井県内では7店舗目にあたり、同社の総経営店舗数は341店舗となった。

「信頼の森」は、ダイナムの新しい店舗開発コンセプトのもと、一昨年3月に1号店をオープン。遊技スペースの全面禁煙化をはじめ、パチンコ玉の流れる音や反響音を抑えた防音対策や、ウィルスや細菌を99%無力化する空気浄化システムの導入が店舗の基本スタイルとなっており、従来のマイナスイメージを払拭する新たな試みが随所に取り入れられているのが特徴。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東京都公安委員会検定通過状況(12月13日)

東京都公安委員会検定通過状況(12月13日)(更新日:2010/12/20)

◇CRA極龍969、ぱちんこ、メーシー販売
◇CR未来少年コナンS-TG、ぱちんこ、ニューギン
◇CR未来少年コナンS-T、ぱちんこ、ニューギン
◇CR沖縄コレクションLRX、ぱちんこ、タイヨーエレック
◇CRサムライチャンプルー2MTZ、ぱちんこ、タイヨーエレック
◇CR猪木L1AX、ぱちんこ、平和
◇CR修羅雪姫L9AX、ぱちんこ、平和
◇GETだ!BILLY-B、回胴式、エレコ
◇雀龍桜花U、回胴式、KPE
◇楽々温泉記、回胴式、アイウィル
◇モンキーターン、回胴式、山佐
◇ヱヴァンゲリヲン・真実の翼、回胴式、ビスティ

遊技通信

LINEで送る
Pocket

三重県MPドリームが助成金贈呈式を開催

三重県MPドリームが助成金贈呈式を開催(更新日:2010/12/20)

三重県遊技業福祉連合会が12月15日、第8回MPドリーム助成金贈呈式を開催し、県内のNPO法人やボランティア団体など計24団体に総額900万円の助成金を贈呈した。


同連合会は、昭和48年から店内のこぼれ玉や遊技客の余り玉を寄付する善意の箱基金を行っていたが、平成15年より県内の非営利目的で活動する団体を対象に「MPドリーム助成金」を設立。ホールからの拠出金を原資に助成金を贈呈している。善意の箱と併せて、これまでの贈呈額は約8億5000万円にのぼる。

式典では、連合会の代表世話人を努める山下健次・三重県遊協理事長から交付先24団体に助成金の目録が贈呈されたほか、8団体がプレゼンテーションを行い、活動をアピールするなどした。山下理事長は「MPドリームは愛する郷土に少しでも恩返しがしたいと考えて立ち上げた」との理念を改めて説明するとともに、来年に組合が50周年を迎えることを受けてファンへの還元を軸にした記念事業を実施する意向を示した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

「緑ドンVIVA!情熱南米編」で人気キャラ来店イベントを実施

「緑ドンVIVA!情熱南米編」で人気キャラ来店イベントを実施(更新日:2010/12/20)

ユニバーサルエンターテインメントがこのほど発売したパチスロ機の新機種「緑ドンVIVA!情熱南米編」(エレコ製)の都内でのホール導入が、12月13日に開始された。


それに伴い同社では、前作の「緑ドン」に引き続き、新機種のキャラクターとなっている「ビリー」の着ぐるみが来店する営業支援イベント「ゲットだビリーツアー」を実施。新装初日となった同日は、都内最大となる60台の同機を導入したビッグアップル秋葉原店で、来店客をビリーがお出迎え。手形の色紙をプレゼントするなどして店内を盛り上げた。

このビリー来店イベントは、同店を皮切りに、来年1月30日まで全国各地のホールで行われる予定だ。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

正栄プロジェクトが道推進協議会へ寄付金を贈呈

正栄プロジェクトが道推進協議会へ寄付金を贈呈(更新日:2010/12/20)

正栄プロジェクトはこのほど、移植医療支援の一環として、北海道移植医療推進協議会へ寄付金を贈呈した。


ファンから提供された寄付玉・コインに加え、同社からの寄付、さらに同社が主催している「イーグルグループカップ札幌オープンゴルフチャリティトーナメント」の収益金を合わせた、累計総額は2,400万円を超えた。また、正栄プロジェクトが公式スポンサーとなっているプロバスケットチーム・レラカムイの試合では昨シーズン5万5千枚の意思表示カードを観客に配布したほか、昨年から全社員に対し表示カードの所持を義務付けている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

プローバが「障がい者ふれあいフェスティバル」を開催

プローバが「障がい者ふれあいフェスティバル」を開催(更新日:2010/12/20)

プローバは、広島市安佐南区で営業する複合施設「フィエラ・ディ・プローバ」で「障がい者ふれあいフェスティバル2010」を開催した。


同社の社内NPO法人「フォルツァ プローバ」が中心となって運営されるこのフェスティバルは、今年で15回を数えるグループの恒例イベントのひとつ。地域貢献活動の一環として普段はパチンコやゲームなどに触れる機会の少ない障がい者を無料で招待し、遊技体験を通して健常者と障がい者の交流を図ることを目的に開催されている。施設内のパチンコやカラオケ、ボーリングなどを無料で体験したほか、お土産としてお菓子やぬいぐるみ、車いすなどの記念品が各施設に寄贈された。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

アミュゼクスがマシンセミナーを開催

アミュゼクスがマシンセミナーを開催(更新日:2010/12/20)

アミュゼクス・アライアンスは12月14日、「マシーンと戦略セミナー」を開催した。


矢野経済研究所の高橋羊氏は、2010年11月の新店動向について解説した。福岡県が11月に複数の貸し玉料金による併設営業の自粛を解禁したことを受け、僅か半月で49店舗が複数レートを導入している現状を紹介するなどした。また、PSプランニングの渥美公一代表取締役は、稼動低迷が続く現状を回避するために危機感を持って顧客を研究し直す必要があると指摘した。客の信頼を獲得するためのオペレーションとして、顧客目線を徹底しながら店側の意思を明確化し、分かりやすく伝えることが重要だと述べた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

NSPドクターと第二営業部が合同セミナーを開催

NSPドクターと第二営業部が合同セミナーを開催(更新日:2010/12/20)

NSPドクターと第二営業部は12月16日、合同セミナーを開催した。


NSPドクターの幹部による講演では、平均的な所得水準と2.5円貸し営業の親和性を様々なデータを元に算出し、設置スペックとしては、ミドル、ハネ物、特殊スペックなどを挙げた。来年のパチスロ市場については、エリアの状況や自店の稼動実績を無視した安易な増台に対して警鐘を鳴らすなどした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket