サミーが銀座を完全子会社化

サミーが銀座を完全子会社化(2009/12/09更新)

 サミー(株)(中山圭史社長)は12月8日開催の取締役会において、(株)銀座(伊藤二博社長)の発行する全株式を取得し、完全子会社化することを決議した。

 同日現在でサミーに持株はなかったが、銀座の発行する200株は全てサミーに移動した。譲渡期日は同日付となっている。

 サミーは今後について、「子会社のタイヨーエレック(株)、(株)ロデオとの連携とともに、今後、パチンコ・パチスロ遊技機の開発・製造・販売を手掛ける銀座をマルチブランド展開の一翼を担う戦略的なブランドとして位置付ける」との方針を示している。

 なお、サミーと銀座は2005年に業務・資本提携を締結し、同年に銀座ブランド製品の販社・銀座販売を設立。その後、08年には提携が解消され、サミーの保有する銀座株は全て銀座に譲渡されていた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket