都遊協がチャリティゴルフ、167名が参加

都遊協がチャリティゴルフ、167名が参加(2009/04/23更新)

 東京都遊技業協同組合では4月20日、埼玉県飯能市の武蔵丘ゴルフコースにおいて第13回チャリティゴルフを開催。都内の遊技業界関係者や関連業者、さらに元プロ野球選手の阿波野秀幸氏、石井浩郎氏、青柳進氏など167名が参加した。

 当日は、イン、アウトの1ホールずつ用意されたチャリティホールで計30万8000円の寄付が集まったほか、競技終了後には阿波野氏らがプロ野球選手のサインボールやバット等の記念グッズを持ち寄り、チャリティオークションを開催、17万4000円を売り上げた。

 このチャリティゴルフは、PIVOT基金(東京都遊技業ボランティア基金)の原資を確保するため、毎年開催されているもの。チケット代の一部やチャリティホールの寄付が基金に積み立てられ、それらが毎年、青少年の健全育成活動に取り組む都内のボランティア団体など5団体に活動資金として助成されている。

 なお、今年度の基金からの助成団体先を決めるプレゼンテーションは6月に行われる予定。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

千葉県流防協が防犯ベスト等400組を寄贈

千葉県流防協が防犯ベスト等400組を寄贈(2009/04/23更新)

 千葉県流通商防犯協力会(高畑修理事長)は4月22日、社会貢献の一環として、千葉県旭警察署管内防犯組合連合会に防犯パトロール隊用ベスト及び、帽子400組を寄贈した。

 同日、旭市役所会議室で行われた贈呈式には、旭警察署長や旭市内民間パトロール隊各代表らが出席、高畑理事長が防犯組合連合会長である伊藤忠良旭市長に贈呈した。

 伊藤市長は「旭市は隣接の市より活気がある半面、犯罪が多い。防犯パトロール隊の活動は犯罪の防止に大いに貢献しているが、今までパトロール隊用のベスト等がなかった。今回400組も贈呈していただき、目立つパトロールができるようになった。市民の安全に大いに活用したい」と謝辞をのべ、流防協に対して旭市長・旭警察署長連名の感謝状を贈った。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

心を揺さぶる名曲の数々が、見事パチンコと融合

心を揺さぶる名曲の数々が、見事パチンコと融合(2009/04/23更新)

 大一商会ではパチンコ新機種『CR石川さゆり〜あなたのために歌います〜』を発表。4月22日には都内のホテルにて新機種発表会を開催、当日は石川さゆりさんも来場し、スペシャルコンサートを行った。

 「津軽海峡・冬景色」や「天城越え」など、女性の情念を歌い上げたヒット曲が世代を問わず高い支持を受ける国民的歌手、石川さゆりさん。心を揺さぶるその歌の世界観を多彩な演出で表現したのが、今回発表された『CR石川さゆり〜あなたのために歌います〜』だ。

 当日のプレス発表は小塚英治専務の挨拶にはじまり、商品開発部・大上英章氏がゲーム性の特長について、営業企画室の安藤隆室長が販売戦略について説明。同社では前作『CR天才バカボン41才の春だから』に引き続きユニークなCMを大量投下し稼動支援。また、各パーラーに対し適正台数の導入を提案することで長期稼動を目指していくという。

 スペックは特に女性の支持が高いミドルスペックを採用。打てば打つほど楽しめる機械というコンセプトにこだわり、多彩なモード演出、和の世界観、静と動の両立といった部分にポイントを置いている。

 大当たり確率は1/349.75、確変割合68%、大当たり出玉は約1560個。2R確変の一部を除く大当たり終了後に時短100回転付与。

 納品は6月上旬開始予定となっている。

(C)さゆり音楽舎

グリーンべると

LINEで送る
Pocket