ぱちんこ未来図研が田島弓子氏招きセミナー

ぱちんこ未来図研が田島弓子氏招きセミナー(更新日:2009/04/21)

ぱちんこ未来図研究会(平澤黎哲代表)は4月16日、東京都千代田区の「情報オアシス神田」で「第7回『ぱちんこ未来図研究会』特別セミナー」を開催。昨年11月に「ワークライフ“アンバランス”の仕事力」というビジネス書を出版した田島弓子氏が講演。仕事と私生活を両立させる「ワークライフバランス」という考え方が世の中に定着しつつある中、田島氏は「人生には偏ってでも仕事に打ち込む時期があってもいいのではないか」と、あえて“アンバランス”を提案。マイクロソフト日本法人に約8年間在籍、営業部長も務めた経験を踏まえ、ハードワークを前向きにとらえ、乗り越えるためのコツをホール関係者に伝授した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

アヴァンスが会員向けBIGキャンペーン

アヴァンスが会員向けBIGキャンペーン(更新日:2009/04/21)

中古機ネットトレードのアヴァンス(本社・東京都台東区、赤沼秀典社長)は、4月16日から会員向けに「地デジ対応液晶テレビ全員プレゼントBIGキャンペーン!」を開催している。キャンペーン期間は6月30日までで、期間中に、(1)取引手数料25万円以上利用した会員に「国内大手メーカー32インチ地デジ対応液晶テレビ」、(2)取引手数料15万円以上利用した会員に「19インチ地デジ対応液晶テレビ」をもれなくプレゼントする。ただし、(1)を達成した会員は(2)の対象外。商品詳細は追って案内する予定で、同社では「より多くのホールの皆さまに当社トレードシステムを利用し、利便性を実感する機会を設けてもらいたいとの思いから、本キャンペーンを企画した」とアピールしている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

遊技機検定情報(4月20日東京都公安委員会告示第159号)

遊技機検定情報(4月20日東京都公安委員会告示第159号)(更新日:2009/04/21)

遊技機検定情報(4月20日東京都公安委員会告示第159号)㈱藤商事「CRサンダーバードFPH」「CRサンダーバードFPG」「CRAサンダーバードFPW」「アカギヤミニオリタッタテンサイFSA」「アカギヤミニオリタッタテンサイFSB」、㈱エレコ「緑ドン6」、㈱ネオジオ「バクソウレットウR1」、㈱ニューギン「天誅V」

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

「SHAKE」ヒロインのオリジナル曲携帯限定配信

「SHAKE」ヒロインのオリジナル曲携帯限定配信(更新日:2009/04/21)

大都技研(本社・東京都港区、木原海俊社長)は、同社パチスロ「SHAKE」シリーズの人気ヒロイン「Nadja(ナディア)」が歌う実機未搭載の完全オリジナル楽曲「Shiny Days」を、5月1日からモバイル限定配信する。「大都吉宗CITY」で“着うた(R)”の配信を、「Daito Music フル」で“着うたフル(R)”の配信を開始する予定。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

アリスト初の全面液晶搭載機登場

アリスト初の全面液晶搭載機登場(更新日:2009/04/21)

アリストクラートテクノロジーズ(本社・東京都千代田区、吉松俊男社長)は4月14日、東京都港区の「ラフォーレミュージアム六本木」で新機種「Get the Ranker(ゲットザランカー)」のプレス発表会を行った。同機は同社初の15.4インチ全面液晶「エキサイトビジョン」を搭載するとともに、釣りをモチーフにしたオリジナルキャラクターを採用。ボーナス後に必ず移行するチャンスゾーンを契機に、ゲーム数増加型ART「Aragui Chance(アラグイチャンス)」に突入する。ART中は押し順ナビに従うだけで、純増約1枚/1G。さらに、ボーナス成立やチャンス目抽選で、G数はどんどん上乗せされていく。しかも、同社おなじみBB中の「Rock on 7」も、全面液晶との融合で7図柄が増える仕様に進化。赤7がそろったライン数によって、ARTのG数はさらに上乗せされていく。吉松社長は「“Rock on 7”など、当社得意のメダル演出を生かしつつ、全面液晶による多彩な液晶演出にもこだわった」とアピール。グラビアアイドルの小林恵美さんもゲストとして登場し、発表会を盛り上げた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

松本零士氏の新作が楽しめるパチスロ登場

松本零士氏の新作が楽しめるパチスロ登場(更新日:2009/04/21)

オーイズミ(本社・神奈川県厚木市、大泉政治社長)は4月16日、東京都港区のディスコ「NIRVANA」で、パチスロ新機種「銀河豪華客船 クイーンギャラクシア」プレス発表会を開催。同機は松本零士原案のオリジナルコンテンツを演出に採用。プレーヤーが打ちながら感情移入できるストーリー展開が魅力の一つになっている。また、本機は大型版権用新筐体「イーグル」の第1弾で、大泉秀治副社長は「こだわって作り抜いた新筐体。大型のコンテンツを『イーグル』で発表していきたい」と語った。発表会では松本氏からのビデオメッセージが上映されたほか、同機のWebプロモーションに出演している雑誌「小悪魔ageha」のモデルら3人(通称・age嬢)が、あでやかな衣装と華やかなメイクで登場。トークショーで撮影秘話などを披露し、会場に花を添えた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

進化系ぱちんこ第3弾は「おぼっちゃまくん」

進化系ぱちんこ第3弾は「おぼっちゃまくん」(更新日:2009/04/21)

京楽産業.(本社・名古屋市、榎本善紀社長)は4月17日、東京都文京区の「プリズムホール」で「ぱちんこ おぼっちゃまくん」の特別先行展示会を開催。「進化系ぱちんこ」第3弾となる同機は、同社歴代人気機種の演出がパロディとして多数盛り込まれているのが特徴で、ヨン様や水戸黄門などに変身した主人公の「御坊茶魔(おぼうちゃま)」が大活躍する。会場には、ゲストとしてパチンコ好き芸人として知られる麒麟の川島明さん、DonDokoDonの平畠啓史さん、椿鬼奴さんが駆けつけ、試打対決などで同機の魅力をPR。「進化系New MAXエリア」と名付けられた別ブースでは、進化系ぱちんこ第4弾として「仮面ライダーMAXedition」のプロモーション映像を放映。バトルシーンなどが流れる中、「継続率80%OVER」や「右打ちがすべてを加速させる」といった文字が躍り、詰めかけたホール関係者の注目を集めていた。また、同日付のリリースで、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスとスポンサー契約を結んだことを発表。センターバックスクリーン下に同社のロゴが掲出されるほか、「冠協賛デー」などのイベントが行われる予定になっている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

SANKYOが「ドリフだよ!全員集合」を発表

SANKYOが「ドリフだよ!全員集合」を発表(更新日:2009/04/21)

SANKYO(本社・東京都渋谷区、澤井明彦社長)は4月20日、東京都文京区の「プリズムホール」で「『フィーバー ドリフだよ!全員集合』新型機発表展示会」を開催。同機は1964年に結成され、今なお人気を誇る国民的グループ「ザ・ドリフターズ」とのタイアップ機。会場には加藤茶さん、仲本工事さん、志村けんさんが駆けつけ、トークショーを行った。加藤さんは「(同機の)テレビCMを見てるとびっくりするよね。長さんがまだ生きてるんじゃないかって」とコメント。大のパチンコ好きだという仲本さんは「塔が崩れたり、大砲が出たり、スリルがあるね」と同機を絶賛。志村さんは「フィーバーするとコントが見られるそうで、楽しみ」と笑顔で語った。営業マンは、「ドリフターズはとても認知度が高く、パチンコのメーンユーザー層(30~50代)にぴったりのコンテンツ。メーンスペックの『~S』は出玉が約1900個もあり、1回の大当たりでも十分な満足感が得られます」と語った。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ジミー東原オールスターズがライブ公演

ジミー東原オールスターズがライブ公演(更新日:2009/04/21)

太陽グループ(本社・札幌市)の東原俊郎社長がメンバーを務めるバンド「ジミー東原オールスターズ」は4月15日、東京都港区のライブレストラン「スイートベイジル139」で公演を行った。「ジミー東原オールスターズ」は東原社長の実弟がリーダーで、「ブラスロック」(ロックにトランペットやサックスなどのホーンセクションを取り入れた音楽)を広めようと北海道を中心に精力的な活動を行っている。当日は業界関係者を含め、約250人が来場。オリジナル曲を含め、計17曲が演奏され、会場は熱気に包まれた。トランペッターの東原社長はソロ演奏も行い、観客を魅了。MCでは、ユーモアたっぷりのトークで会場を盛り上げた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

NEXUSがフェンシング部創設

NEXUSがフェンシング部創設(更新日:2009/04/21)

北関東中心に店舗展開するNEXUS(本社・群馬県高崎市、星野敏社長)は4月16日、東京都北区の「ナショナルトレーニングセンター」で「NEXUSフェンシングチーム」創設記者会見を行い、同時に日本を代表する選手4人とコーチ2人の同社入社を発表した。星野社長自身、日本フェンシング界の元トッププレーヤーで、今年春には日本フェンシング協会の副会長に就任している。そうした縁から実現したもので、当日は星野社長ら同社関係者のほか、日本フェンシング協会からも山本耕司名誉副会長などの関係者が出席。すでに昨年、同社に入社している小川聡選手を含めた、選手、コーチら計7人が紹介された。星野社長は「昨年、小川選手が北京五輪に出場したことから、応援に行ったところ、男子フルーレにおける太田雄貴選手の銀メダル獲得という快挙を目撃。この日本フェンシング界にともった灯を消してはいけないと、部の創設を決意した。選手たちには将来の五輪メダルを目指してほしい」とあいさつ。また、太田選手もVTR出演し、エールを送った。同社ではサッカーJ2の「ザスパ草津」のオフィシャルパートナーやプロ野球BCリーグ「群馬ダイヤモンドペガサス」のメーンスポンサーを務めるなどの社会貢献活動を展開している。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket