大都販売、広島開幕チケットを養護施設へ寄贈

大都販売、広島開幕チケットを養護施設へ寄贈(2009/04/13更新)

 大都販売(木原茂成社長)は3月下旬、広島市南区の新広島市民球場で4月10〜12日に開かれた広島東洋カープの地元開幕3連戦の入場券を、市内の児童養護施設に寄贈した。中国新聞が報じた。

 同社は新球場の近くに広島営業所などが入る新社屋を建設中であり、これを機に中四国6営業所の従業員約50人の福利厚生用として内野の年間指定席5席を購入。開幕戦を誰が見に行くかを社内で話し合うなかで、社員から「私たちは今後いつでも観戦に行ける。普段は見られない子どもたちへ贈ってはどうか」という声があがり、中国新聞社会事業団を通じて贈り先を探したという。

 寄贈先となったのは広島市東区の広島修道院。新球場の北1キロの場所に位置し、修道院の中島達夫院長は同紙の取材に、「歩いて行ける場所だけに、子どもたちのあこがれは強い。みんな本当に喜んでいます」と感謝の言葉を述べている。

 同社は今後も月に数試合分の入場券を市内や周辺の児童養護施設などに贈る方針という。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

善都が決算、大幅な増収増益を計上

善都が決算、大幅な増収増益を計上(2009/04/13更新)

 東海エリアを地盤に《ZENT》の店名で22店舗のパーラーを展開する善都(愛知県豊田市/都筑順雄社長)はこのほど、2008年12月期(08年1〜12月)のグループ連結決算を発表。売上高は前期比17.2%増の1233億7600万円、経常利益は同約290%増の55億8200万円と大幅な増収増益を計上した。中部経済新聞が報道した。

 07年に出店した大型店3店舗(稲沢店・坂祝店・可児店)の集客が好調に推移し、さらにグループ全体で取り組んだコスト削減策に加え、グループ内の組織再編による業務の効率性向上などが今回の好業績に繋がった。

 一方、こうした結果をふまえ同社は、2013年度までを目標とした中長期戦略で新規出店を1000台規模の大型店に絞る方針を固め、新規出店と並行して収益性の高い既存店の大型化も進め、現在6店舗の1000台規模の大型店を10店舗まで拡大するという。また、出店については規模だけでなくエリアも慎重に吟味し、愛知県内の都心部を中心に出店候補地を検討する方針。

 今期(09年12月期)の業績の見通しは、売上高1380億9500万円(前期比11.9%増)、経常利益67億3500万円(同20.7%増)をそれぞれ見込んでいる。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

東京都公安委員会検定通過状況(4月13日)

東京都公安委員会検定通過状況(4月13日)(更新日:2009/4/13)

◇CRレーザーシャトルFPK、ぱちんこ、藤商事
◇CRAクイズタイムショックDH5、ぱちんこ、エース電研
◇CRA弾球黙示録カイジざわっ・・・!、ぱちんこ、高尾
◇CRフィーバードリフ外伝 忍五勇士決戦鬼S、ぱちんこ、三共
◇CRフィーバードリフ外伝 忍五勇士決戦鬼SX、ぱちんこ、三共

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東京都公安委員会検定通過状況(4月13日)

東京都公安委員会検定通過状況(4月13日)(更新日:2009/4/13)

◇CRレーザーシャトルFPK、ぱちんこ、藤商事
◇CRAクイズタイムショックDH5、ぱちんこ、エース電研
◇CRA弾球黙示録カイジざわっ・・・!、ぱちんこ、高尾
◇CRフィーバードリフ外伝 忍五勇士決戦鬼S、ぱちんこ、三共
◇CRフィーバードリフ外伝 忍五勇士決戦鬼SX、ぱちんこ、三共

遊技通信

LINEで送る
Pocket