旧・ニコー電子が自己破産申請へ

旧・ニコー電子が自己破産申請へ(2009/04/08更新)

 帝国データバンク飯田支店は、長野県飯田市のパチンコ部品製造会社のTACK(宮下弘司社長)が3月31日付けで事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことを発表。負債総額は約12億1200万円とみられ、近く長野地裁飯田支部に自己破産を申請する見通しという。4月2日付けの信濃毎日新聞など各紙が報道した。

 同社は1987年10月にニコー電子として設立。大手遊技機メーカーからパチスロ機関連部品の受注を得て事業を拡大し、04年6月期は売上高101億6600万円を計上していた。しかし、05年2月に同社の役員が法人税法違反(脱税)で長野地検に摘発され、有罪判決を受けた影響で信用が失墜。また、業況悪化も重なって受注が減り、06年12月に社名をTACKに変更したが、08年6月期の売上高は5億9100万円に落ち込んでいた。

 なお、同社の事業は今年3月1日付けで東京都内の別会社に譲渡されているという。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

森田健作主演「おれは男だ!」とのタイアップ機登場

森田健作主演「おれは男だ!」とのタイアップ機登場(2009/04/08更新)

 (株)ニューギンは4月7日、東京・上野のショールームにてパチンコ新機種『CRおれは男だ!S-V』(煌モデルは『S-VC』)の発表内覧会を開催。同機は森田健作主演の同名ドラマとのタイアップ機で、「甘デジのような遊びやすさ」と「ミドルスペック級の高い確変突入率」のふたつの魅力を合わせ持つ「ライトミドルタイプ」となっている。納品は5月10日から開始される予定。

 同機は大当たりの内訳が上下始動口で異なり、上始動口は10R通常30%(出玉は5R分)、10R確変53%(うち、5R分の出玉9%、10R分の出玉44%)、ジャンプアップボーナス2%(10R確変、出玉は10R分)、2R確変15%。下始動口は10R通常30%(出玉は5R分)、10R確変68%(うち、5R分の出玉11%、10R分の出玉57%)、ジャンプアップボーナス
2%(10R確変、出玉は10R分)、2R確変0%となっている。

 10R確変は「ステップアップボーナス」と「ジャンプアップボーナス」があり、前者は大当たりラウンド中の「昇段試験」で勝利すると10R分の出玉と終了後の高確率が確定。負けて5R分の出玉でも「青春の太陽ロゴ」役物が可動すれば高確率が確定する。後者はサプライズ大当たりで、10R出玉と高確率が確定する。

 モードは通常時以外に、大当たり後に移行する全国大会モード(高確率)、銭湯モード(高確率or時短)、通常時から移行する合宿モード・操ちゃんす(高確率or低確率)の4種類があり、背景や予告、スーパーリーチがモードによって変化する。また、銭湯モード突入時に確変を示す赤図柄の数を決める「リールセレクトシステム」が発生し、赤図柄の数が多いほど高確率のチャンスとなる。また、合宿モード中は5個、操ちゃんす中は7個と赤図柄が増え期待感を高める。

 液晶演出と連動する役物は、液晶上部の「青春の太陽ロゴ」や主人公を模した「弘二打ち込み可動体」など4つを搭載。ドラマの主題歌「さらば涙と言おう」が収録され、実写映像も多数使用されている。

 主なスペックは、大当たり確率1/179.75(高確率時1/22.47)、確変突入率70%、時短50回、出玉約750個or約375個、ラウンド数2or10R-7カウント。

 また、同時に甘デジタイプの『CRAおれは男だ!N-T』(煌モデルは『N-TC』)も発表され、こちらの主なスペックは大当たり確率1/99.25(高確率時1/15.27)、確変突入率64%、時短30回、出玉約440個、ラウンド数2or7R-8カウント。こちらも納品は5月10日から開始。

(C)森田健作/サンミュージックプロダクション (C)松竹 (C)津雲むつみ/集英社
(C)早瀬久美 (C)志垣太郎

グリーンべると

LINEで送る
Pocket