島根のパーラー、営業停止処分の取り消しが確定へ

島根のパーラー、営業停止処分の取り消しが確定へ(2009/04/01更新)

 従業員が行った遊技機の不正改造に両罰規定が適用され、2ヶ月間の営業停止処分を受けたパーラー企業が処分取り消しを求めて訴えを起こしていた裁判をめぐり、1審、2審判決で処分取消を命じられていた島根県公安委員会が3月27日、上告を断念したことが分かった。3月28日付けの山陰中央新報が報道した。

 この事案は2007年5月、浜田市内のパーラーの従業員らがパチンコ機を不正改造した風適法違反(無承認変更)の容疑で逮捕され、10数人が利益を上げていたというもの。同店の経営会社は、内部不正の疑いがあるとして前年06年10月ごろに浜田署に被害相談を出していたが、県公安委員会は従業員による不正でも経営者の責任を問うことができる風適法の「両罰規定」の適用を決定。同店に対し07年11月1日から12月31日まで2ヶ月間の営業停止処分を下していた。

 報道によると、県公安委員会は、「主張が認められず残念だが、判決内容を重く受け止め、上告しない」とコメントしたという。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

太陽グループに総勢249名が入社

太陽グループに総勢249名が入社(2009/04/01更新)

 北海道内で45店舗のパーラーを展開する太陽グループ(札幌市・東原俊郎社長)は3月28日、札幌市の札幌パークホテルで2009年度の入社式を開催。総勢249名におよぶ新入社員が入社した。

 同社によると、前期に引き続いて大量採用に踏み切ったのは、全国的に雇用不安が拡大するなか、優秀な人材確保の好機と捉えたため。また、新入社員のうち167名は太陽グループの元派遣社員で、安定的な雇用環境のもと即戦力としての活躍を期待したものという。新卒者は79名で、内訳は大卒7名、短大・専門学校卒17名、高卒55名となっている。

 さらに今期は、日本トップクラスの女子バイアスロン選手3名も入社。2010年開催のバンクーバー冬期オリンピックへの出場に向け、太陽グループでは万全のバックアップ体制を敷く考え。バイアスロンは、クロスカントリースキーとライフル射撃を組み合わせた複合競技の一種で、競技の性質上、日本のオリンピック代表はすべて自衛隊員から選抜されてきた。同社では民間から初の代表入りを支援する方針で、多くの全国紙でも取り上げられた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

ドット×パトライトのコラボが迫力の演出を実現

ドット×パトライトのコラボが迫力の演出を実現(2009/04/01更新)

 藤商事は3月31日と4月1日に都内・東上野の東京支店で開いたプレス発表会でパチンコ新機種『CRレーザーシャトル』シリーズとパチスロ新機種『COBRA THE SLOT(コブラ・ザ・スロット)』を発表した。

 『CRレーザーシャトル』は、ドットとパトライトの組み合わせで迫力満点の演出を実現した確変回数切りタイプのパチンコ機。『ゴールド(型式はFPK)』と『シルバー(型式はFPF1)』の2スペックがあり、ともに大当たり確率は1/399.6(高確率時1/40.8)となっている。

 『ゴールド』は、全大当たり後55回転まで確変状態、15R(出玉約1970個)or8R(出玉約1050個)or2R(出玉なし)という出玉感に特化したスペック。『シルバー』は、全大当たり後80回転まで確変状態、14R(出玉約1230個)or7R(約620個)or2R(出玉なし)という大当たりの継続性に特化したスペック。納品は5月上旬からの予定。

 一方の『COBRA THE SLOT』は漫画家・寺沢武一氏原作の同名アニメがモチーフ。1ゲームあたり純増約0.8枚のART「バトルゾーン」を軸としたゲーム性が特徴。スーパービッグボーナス(純増250枚)、ビッグボーナス(純増250枚)、ボーナスゲーム(純増104〜111枚)の3つあるボーナスからARTへの突入が期待でき、とくにスーパービッグボーナス後は次回ボーナスまで継続するARTが確定する。納品は5月下旬からの予定。

(C)BUICHI TERASAWA/A-GIRL RIGHTS http://www.buichi.com

グリーンべると

LINEで送る
Pocket