戦国時代を華麗に生きた姫君がパチンコに

戦国時代を華麗に生きた姫君がパチンコに(2009/03/13更新)

 サンセイアールアンドディは3月12日から全国各拠点などで開催した内覧会で、パチンコ新機種『CR戦国双天絵巻 華恋姫伝』シリーズを発表。4月12日から納品を開始する。

 同シリーズは、戦国時代を生きた3人の姫君たちが織りなす華麗なストーリーによるオリジナル仕様機。織田信長の妹の「お市」、正室の「濃姫」、お市の妹の「茶々」の姫たちに加え、4人の戦国武将たちが登場し、物語が展開される。また各キャラクターの声優として、声優界でアイドル的存在の平野綾さんをはじめ、豪華声優陣を起用しているほか、3人の姫にはそれぞれオリジナルのイメージソングを用意し、新たな和風パチンコを感じさせる内容に仕上げた。

 演出面では、サンセイならではのキャラクターの表現力による美しさに加え、姫の歌にあわせて瞬きの動作まで精細に表現する「リップシンクムービー機能」を初めて搭載。今回も液晶チップには高解像度に対応するAG3を採用し、プレイヤーを虜にする映像美が展開される。さらに役物として、3人の姫に対応した3つの駆動役物による「宝珠役物」を搭載し、目映いほどの輝きで予告やリーチ発展時などに大当たりへの期待感を盛り上げる。

 シリーズは、オーソドックスなモード移行システムを搭載したミドルバトルタイプの『MH』(確率1/315.7)と『SH』(確率1/369.4)に加え、回数切り確変の甘デジタイプ『PW』(確率1/99.95)の3タイプを発表。とくにメイン機となる甘デジタイプは、大当たり中に液晶画面上に「祝」の文字が出現すれば、見た目上、消化後に即次回大当たりとなる独創的なゲーム性を実現している。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

KYORAKU吉本.が沖縄国際映画祭に企画協力

KYORAKU吉本.が沖縄国際映画祭に企画協力(2009/03/13更新)

 2月9日に設立したKYORAKU吉本.ホールディングス(株)が初仕事として企画協力する「沖縄国際映画祭」が3月19〜22日の4日間にわたり沖縄県北谷町アメリカンビレッジで開催される。

 沖縄国際映画祭は今回が第1回。お笑い芸人を多数輩出する吉本興業(株)(本社/大阪市)が主催する。第1回のコンセプトは“Laugh&Peace”。世界から厳選された未公開のコメディ作品を中心に上映し、グランプリを競う。

 KYORAKU吉本.ホールディングスは吉本興業と遊技機メーカーの京楽産業.が設立したもの。吉本興業のオリジナルコンテンツを生み出すプロデュース力と、コンテンツのパチンコ化などのビジネス展開力に強みを持つ京楽産業.が手を結び、テレビ番組の制作・放映や情報配信事業、イベント・コンテンツプロデュース等に取り組み、パチンコ発の1次コンテンツ創出も視野に入れている。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

都内の攻略法被害、12月までに1億5000万円

都内の攻略法被害、12月までに1億5000万円(2009/03/13更新)

 昨年4月から12月までに東京都消費生活総合センターに寄せられた攻略法詐欺をめぐる相談件数が101件、被害総額は約1億5000万円にのぼっていることが明らかになった。3月10日付朝日新聞など数紙が報じた。

 雑誌やインターネットに掲示された広告を見て偽の攻略法をつかまされるこうした攻略法詐欺による都内の被害件数は年々増加傾向にある。過去5年間に同センターに寄せられた相談件数だけでも、04年度41件、05年度121件、06年度87件、07年度119件、今年度08年度は12月までにすでに101件で、「過去5年間で最悪のペース」(同紙)で推移していることもわかった。

 同紙の取材に答えて同センターでは、「いったんお金を支払ってしまうと、返金を求めても交渉のテーブルにつかない詐欺的な業者が多い。業者の言いなりにならず、契約する前にセンターなどに相談してほしい」と注意を呼びかけている。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket