演歌の大御所・中村美律子がパチンコで登場

演歌の大御所・中村美律子がパチンコで登場(2009/03/11更新)

 マルホン工業は3月11日、東京・上野の東京支社にてパチンコ新機種『CR中村美律子の人生祭りだ!だんじりだ!』のプレス発表会を開催した。

 同機は昨年の日本レコード大賞・最優秀歌唱賞受賞、NHK紅白歌合戦の総出場13回を誇る演歌の女王・中村美律子さんとのタイアップ機。液晶容量8GBをフルに活かし、大当たり中にはヒット曲5曲の熱唱シーンや、本機のために収録されたオリジナル画像など実写ムービーを大量に使用している。

 スペック面では小当たりや潜伏確変を排除、疑似連の出現率を抑えて回転効率をアップするなど高年齢層にも受け入れやすいゲーム性を実現。また継続型大当たりの「花道ボーナス」(最高45回の大入賞口開放)を採用し、どこまで続くかわからないドキドキ感や獲得球数に応じて画面内の画像、称号がアップするなど、継続時の達成感が味わえる内容に仕上がった。

 スペックはミドルタイプの『TK』(大当たり確率1/317.7、確変突入率60%)とライトミドルタイプの『LM』(同1/279.7、同55%)の2タイプ。納品は4月19日からスタートする。

 プレス発表会では中村さんも会場に駆けつけ、大ヒット曲「河内おとこ節」など3曲を熱唱。「元気印というのが私のイメージ。この台を打って頂くパチンコファンにも元気を与えたい」とPRした。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

ニューギン、『CRデビルマン~悪魔聖戦~』を発表

ニューギン、『CRデビルマン~悪魔聖戦~』を発表(2009/03/11更新)

 ニューギンは3月11日、東京・上野のショールームにて漫画家・永井豪原作の有名タイトルとのタイアップ機となるパチンコ新機種『CRデビルマン~悪魔聖戦~』の発表内覧会を開催した。納品は4月12日の予定。

 最大の特長は、通常遊技中と確変・時短遊技中で大当たりの割合が異なる「デュアルバトルスペック」の採用。通常時に狙う液晶真下のへそ始動口には2R大当たりはなく、15R通常(23%)、7R確変(30%)、15R確変(47%)と、バトルタイプに分類される機種ながら通常時の非確変でも出玉があり、一方の確変・時短中に右打ちで狙う盤面右下の電チュー始動口は、2R通常(23%)、2R確変(8%)、15R確変(69%)とバトルタイプらしい大当たり割合となっている。なお、2R通常・確変大当たりにも約90個の出玉がある。

 また、モードは通常モードのほかに、バトルモード(高確率)、不屈のデビルマンモード(高確率or時短/高確期待度:中)、エンディングモード(高確率or時短/高確期待度:低)の3モードがあり、原作を完全再現した多彩な演出のほか、デビルフェイスやデビルエンブレムなど役物を搭載する。

 主なスペックは、大当たり確率1/399.25(高確率時1/44.36)、確変突入率77%、大当たり終了後100回時短、出玉は2R:約90個、7R:約630個、15R:約1360個。

(C)永井豪/ダイナミック企画

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

『CRカイジ』続編、原作の「沼」を役物で再現

『CRカイジ』続編、原作の「沼」を役物で再現(2009/03/11更新)

 高尾は3月6日、都内東上野の「P・Players’ Cafe」でパチンコ新機種『CR弾球黙示録カイジ 沼』シリーズのプレス発表会を開催。会の冒頭で挨拶にたった同社の内ヶ島隆寛副社長は、「前作で好評だった演出に加え、新たな液晶演出や役物演出などを充実させている。コンテンツに関しても今年秋に藤原竜也さん主演の映画放映も予定されており、前作以上に長期的な稼働に貢献できると予想している」と話した。

 同機は1年前に発売した『CR弾球黙示録カイジ』の続編。今作では原作中に登場するパチンコ「沼」にスポットを当てているのが特長。盤面下部には原作の「沼」を再現した「沼役物」を搭載し、役物連動演出である「沼リーチ」時に原作と同様の手に汗握る展開を再現している。

 シリーズ機のスペックは、すべて回数切り確変を搭載した仕様。大当たり確率1/399.2のMAXタイプには『57億の孤独』と『人喰い沼』、同1/299.4のミドルタイプには『天啓っ…!』の計3機種をラインアップしている。

 このほか、同社はUSENが運営する完全無料ブロードバンド放送「GyaO」のアニメチャンネルでアニメ版「カイジ」の配信をスポンサード。配信については、稼働支援の一環として納品に合わせてスタートさせる予定だ。

(C)福本伸行/講談社

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

ティータイムがコムプラスビズへ社名変更

ティータイムがコムプラスビズへ社名変更(2009/03/11更新)

 情報通信システムやオンラインサービスの企画、開発、設計などを手掛ける(有)ティータイム(金國哲代表取締役社長)は2月22日、「(有)コムプラスビズ」に社名を変更。併せて本社を下記の住所に統合した。

【(有)コムプラスビズ新住所】
〒950-0088
新潟県新潟市中央区万代1-1-25 ヴェルドミール万代1009号
TEL 025-242-1123
FAX 025-242-1466

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

大一販売が札幌営業所を移転

大一販売が札幌営業所を移転(2009/03/11更新)

 (株)大一販売はこのほど、下記の住所に札幌営業所を移転した。

【営業所移転先】
〒004-0041
北海道札幌市中央区南1条東1番地10 アジリア札幌・大通東1F
TEL 011-232-7773
FAX 011-232-9777

グリーンべると

LINEで送る
Pocket