同友会、「産業フェア」開催に意欲

同友会、「産業フェア」開催に意欲(更新日:2009/03/31)

同友会(高濱正敏代表理事)は3月24日、3月度理事会後の記者会見を行い、来期の重点課題として(1)広く国民に業界のことを知ってもらうための「環境とパチンコ&パチスロフェア」の実施、(2)会員サービスの一環としての「経営者会議」の開催の2点に取り組んでいくとした。高濱代表は「国民の約15%しかホールに来ていない現状がある。この業界のことを広く伝えるために『産業フェア』を企画し、実現したい」と意欲を見せた。一方の経営者会議については、経営者のニーズにこたえるための企業経営研究会といったものを立ち上げ、勉強を重ねた上で「秋ごろに開催できれば」(平澤黎哲副代表)としている。また、雇用情勢の悪化を受けて1月末に会員企業9社が123人の新規採用を打ち出した件について、3月5日現在の集計で「9社合わせて12人の採用にとどまった」(事務局)と報告した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

警察庁生活環境課が保安課に名称変更

警察庁生活環境課が保安課に名称変更(2009/03/30更新)

 警察庁は4月1日より生活安全局生活環境課を生活安全局保安課に名称変更する。業務内容などの変更はなく、引き続き保安課がパチンコ行政を司る。

 保安課長には4月1日付けで廣田耕一氏(愛媛県警察本部長)が就任する。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

週末、首都圏で相次ぎ強盗被害

週末、首都圏で相次ぎ強盗被害(2009/03/30更新)

 3月28日午前0時55分頃、千葉県松戸市のパチンコ店に強盗が押し入り、現金約1500万円を奪った。報道が伝えた。

 犯人は4人組の男で、帰宅しようとした店長の男性に刃物を突き付け脅し、店内に連行。閉店作業中だった従業員を粘着テープで縛ったうえで店長に金庫を開けさせ、売上金を奪った後店長も縛り、逃走した。けが人はなかった。

 また、3月27日には埼玉県川越市のパチンコ店駐車場で、男がバットを振り回しながら、帰宅しようとした景品交換所店員の女性に近づき、女性の手提げバッグを奪って逃げた。バッグには現金7万円が入っていた。女性に怪我はなかった。

 両事件とも警察が強盗事件として捜査している。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

いかなる時でもA図柄が熱い『エースをねらえ!』

いかなる時でもA図柄が熱い『エースをねらえ!』(2009/03/30更新)

 フィールズ(株)ではゴールドオリンピアブランドのパチスロ新機種『エースをねらえ!』を発表した。

 女性スポ根マンガの代表作ともいえる作品をコンテンツに採用。原作の世界観を活かし、文字通り「A」図柄を狙わせる「エースをねらえ!」演出はいかなる状況でも熱い。3種類あるビッグ図柄のうち「A」図柄は終了後のART「特訓タイム」突入が確定。またビッグ中に「A」図柄が揃えばARTのチャンスゾーン「宗方チャンス」でのARTナビが獲得できる。

 特訓タイムは20ゲームワンセットで1ゲームあたりの純増枚数は約1枚。次回ボーナスまで継続する「猛特訓タイム」も搭載している。ビッグボーナスの獲得枚数約252枚、レギュラーは約56枚。

 納品は4月20日開始予定となっている。

(C)山本鈴美香

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

傘下にP店企業持つアゼルが破産手続き開始

傘下にP店企業持つアゼルが破産手続き開始(2009/03/30更新)

 東証ならびに大証の第1部に上場し、傘下グループにパチンコパーラー経営企業を持つマンション分譲および建築請負の(株)アゼル(東京都大田区)が3月30日、東京地裁に自己破産を申請、同地裁より破産手続き開始決定を受けたことがわかった。

 アゼル社のホームページによるとパーラー経営部門のグループ会社は(株)エヌケイ商事(東京都大田区)。東京と愛媛に2店舗ずつ計4店舗を展開している。

 帝国データバンクによるとアゼル社は1956年(昭和31年)の創業。建築工事を主体事業として出発した。その後、自社開発による分譲マンション販売に進出する一方、パーラー経営にも参入。82年12月の上場後もグループ会社を通じてパーラー経営を続けていた。

 しかし不動産業界を取り巻く環境の悪化。昨年9月の米国発の“リーマン・ショック”がこれに追い打ちをかけた模様だ。

 負債総額は442億円。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

マミヤオーピーがエフ・エスを完全子会社化へ

マミヤオーピーがエフ・エスを完全子会社化へ(2009/03/27更新)

 マミヤオーピー(株)(さいたま市)は3月27日、エフ・エス(株)(東京都品川区)の全株式を取得、子会社化を目的とする株式譲渡契約を締結したことを同社ホームページ上で発表した。取得価額は5億円。株式譲渡日は4月1日。

 マミヤオーピーはカードユニットの製造が主力事業。エフ・エス社はパチンコパーラーとカード会社を結ぶシステムの保守業務を中心に事業展開していた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

藤商事、計画上回る販売で通期業績を上方修正

藤商事、計画上回る販売で通期業績を上方修正(2009/03/27更新)

 藤商事は3月23日、2009年3月期(08年4月〜09年3月)の業績予想を修正。売上高は前回予想比57億円増の567億円、営業利益は同16億円増の78億円、経常利益は同15億8000万円増の78億8000万円、純利益は同9億円増の47億円にそれぞれ上方修正した。

 08年11月に発売した『CRゴースト ニューヨークの幻』の販売が計画台数(2万台)の倍以上となる4万2000台となったことが上方修正の主要因。ただ、今年3月発売の『CR宇宙戦艦ヤマト』については、同時期に競合他社から有力機種が複数発売された影響で計画の3万7000台に対して、期中の販売台数は約2万8000台となる見込み。

 以上の結果、期中のパチンコ機の合計販売台数は計画の18万台を上回る19万4000台を見込んでおり、売上・利益ともに前回予想を上回る見通しとなった。なお、これに伴い株主への期末配当予想も同日付けで上方修正した。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

タイヨーE、通期業績予想の下方修正発表

タイヨーE、通期業績予想の下方修正発表(2009/03/26更新)

 タイヨーエレック(佐藤英理子社長)は3月23日に開いた同社取締役会において2月3日に出した09年3月期通期業績予想を下方修正した。この結果、売上高は前回予想より40億円(22.2%)少ない140億円。営業利益は同じく12億2000万円(71.8%)少ない4億8000万円、経常利益は同12億円(70.1%)減の5億円、当期純利益は同10億9000万円(72.7%)減の4億1000万円となる見通しだ。

 下方修正の理由について同社では(1)第4四半期に販売を予定していたパチスロ機1シリーズの適合の遅れから今期の販売を見送ったこと、(2)『CR萌えよ剣2』の販売を来期以降への持ち越しとなったことなどを上げている。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

山佐、高純増ARTメインの『夢花月』発表

山佐、高純増ARTメインの『夢花月』発表(2009/03/26更新)

 山佐のパチスロ新機種『夢花月』は、純増約1.5枚/GのART「花月乱舞」が出玉増加のメインとなるゲーム性。納品は4月5日から開始される予定。

 ART「花月乱舞」の1回あたりの継続ゲーム数は、33・77・111・333・555・777・999Gの7種類。ART突入時に継続ゲーム数を決定するカウントアップ演出が発生し、その際に派手なエフェクトが発生するほどロングARTの期待が高まる。ART中は基本的に押し順ナビに従うだけと簡単だが、RTが終了(ATは継続)するシングルボーナス成立時には回避が必要だ。

 また、ART中に特殊リプレイが成立すると上乗せ抽選が行われ、液晶背景の季節が変化するほど上乗せの期待度が上がる。上乗せに当選した場合は、残りゲーム数の消化後に再度カウントアップ演出に突入し、新たに継続ゲーム数が決定される仕組みだ。

 さらに、プレミアムBBの「花月ボーナス」(純増210枚)に当選すると終了後に必ずARTに突入するが、その場合は77G以上が確定するほか、111G以上が選択される割合は実に85%である。ARTは完走型のためBB後に残りゲーム数を消化した後にカウントアップ演出を経て上乗せ分がスタートする。

 演出面では、ART突入の鍵を握る特殊リプレイが成立すると「こいこいチャンス」「うぐいすチャンス」のどちらかに突入。前者は3回ある勝負の内に役が完成するとART確定、後者はチャンス中にうぐいすが鳴けばボーナス、またはARTが確定する。ART突入率は内部状態で異なり、通常時の液晶背景が「夜」だと高確率状態が確定する。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

栃木・柳氏の総務大臣等受賞祝賀会を開催

栃木・柳氏の総務大臣等受賞祝賀会を開催(2009/03/26更新)

 栃木県遊技業協同組合元理事長(現顧問)、全国遊技業協同組合連合会元副理事長である柳勲氏の「総務大臣等受賞祝賀会」が3月24日、ホテル『ニューイタヤ』(栃木県宇都宮市)において開催された。

 柳氏は昨年11月20日、地方自治施行60周年記念式典時に、地方自治に寄与した人物に贈られる総務大臣表彰を受賞した。

 祝賀会では栃木県遊協の安田範理事長、金中烈副理事長らが祝辞を述べた後、柳氏が登壇、これまでの業界の困難な歴史を振り返った上で、「業界は今、大変な状況に置かれている中で我々は遊技業の業者だという自覚が大切。総親和というスローガンを思い出し、皆で支えながら共に手を携えて困難な時代を乗り切って欲しい」と挨拶を述べた。

 柳氏はすでに栃木県知事賞(昭和60年)、厚生大臣賞(昭和61年)、藍綬褒章(平成6年)、日本商工会議所会頭賞(平成10年)、小山市市制功労賞(平成20年)など多くの賞を受賞している。祝賀会には元全遊協役員、栃木県遊技業協同組合の組合員等多くの人が駆けつけた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket