前作を遥かに凌ぐクオリティ、『スカイラブ2』

前作を遥かに凌ぐクオリティ、『スカイラブ2』(2009/02/20更新)

 SNKプレイモア(細谷壯一郎社長)は2月19日、都内ホテルにおいて、パチスロ新機種『スカイラブ2〜再会の空〜』のプレス発表会を開催した。

 前作『スカイラブ』(2006年12月発表)の後継機で、主人公のラブ・ハート率いるピース空賊団の新たな冒険、戦いをオリジナルストーリーで描いている。

 前作同様、RT突入のチャンスゾーンが周期的に訪れる周期チャンスゾーンを搭載。通常時の約100ゲーム周期とボーナス終了後に「ミッションチャンスゾーン」に突入し、このチャンスゾーン中にチェリー役成立でRT「スカイゲーム」に移行する。RTは33ゲームかボーナス当選で終了となる。ボーナス合成確率は1/198.0(設定1)〜1/146.3(設定6)。ビッグボーナスの純増は300枚、レギュラーボーナスの純増は最大106枚。

 ゲームストーリーは、デーモン空賊団に支配される5つの国をボーナス当選やミッションクリアによって解放していく。特に、全ての国を解放した状態でRTに突入すると「スカイゲーム ファイナル」となり、この間に敵キャラ・ファルコンに勝利すれば、感動的な「エンディングビッグ」へ。一度解放した国もゲームの展開次第で再び敵の支配下になるなど、ラストエンディングを目指して次の展開、映像を見たくなるストーリー性が特長だ。

 その他、液晶演出パターンは前作の約3倍、リーチ目も4000パターン以上を搭載するなど、あらゆる面で前作を凌ぐクオリティを実現している。

 プレス発表会で挨拶に立った細谷社長は、「主人公のラブとライバルのファルコン、そしてアースとの関係、これらがどうなるのか、シリーズもののアニメーションを見るようなドキドキ感を味わってもらいたい」と述べた。

 納品は4月5日から。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

バカボン最新作、みんなに遊んでほし〜の

バカボン最新作、みんなに遊んでほし〜の(2009/02/20更新)

 大一商会ではパチンコ新機種『CR天才バカボン〜41才の春だから』を発表。2月17日に開催されたプレス発表会にはグラビアアイドルのほしのあきさん、お笑いコンビサンドウィッチマンの2人も駆けつけ「見ているだけでカワイイ台。みんなに遊んでほし〜の」等と同機を応援した。

 赤塚不二夫氏が「天才バカボン」を世に出して41年、また作品の設定でバカボンパパの年齢が41歳とされており、二重の意味で節目の年となった本年、満を持しての同機リリースとなった。

 プレス発表会の冒頭では市原高明社長が登壇し、
「人生を楽しむこと、エンターテイメントを楽しんでもらうこと。こうした思いを人々に思い出してもらうため、我々は楽しい遊技機作りに努めていかなければならない。そんな思いを今回一新したロゴに添えた言葉「PLAY BALL!」に込めた。
 新生Daiichiの第1弾が本機。天才バカボンが世に出て41年目の記念すべき年にこの台を出せてよかった」等と挨拶。
 
 続いて奥本博己開発部部長、商品開発部・五位渕潤氏から機種概要について説明があり、
「ステップアップ予告や白ウナギ犬など従来のバカボンらしい演出、役物など新規性のある演出の双方を取り入れており、幅広いファンの方に喜んでいただける内容となった」等とセールスポイントをアピールした。

 大当たり確率1/341.5、確変割合63.5%、大当たり出玉約1560個のワンスペックで登場。納品は3月15日開始予定。

(C)フジオ・プロ/ぴえろ

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

太陽グループ関連財団が総額1200万円の助成

太陽グループ関連財団が総額1200万円の助成(2009/02/20更新)

 北海道のパーラー企業・太陽グループ(東原俊郎社長)の関連法人である財団法人・太陽北海道地域づくり財団は2月6日、札幌市のJRタワーホテル日航札幌「たいようの間」で平成21年度助成対象事業の贈呈式および交流会を開催した。

 同財団は、北海道が提唱する「北海道遺産構想」(北海道に新たな活力を生み出す運動)の理念に賛同し、さまざまな地域づくり活動を支援するため、太陽グループが主体となり2001年12月に設立。以降、毎年にわたって道内の団体への助成活動を行っている。

 今年度の助成先は「障害者のアートによる地域づくり推進事業」「積丹町・美国ヤマシメ福井漁家保存改修事業」「地域社会で犯罪被害者等を支えるための犯罪被害者等支援事業」など全11事業14団体で、助成総額は1200万円となった。これまでに助成した事業は計132件、助成総額は1億1200万円を超えている。

 贈呈式には助成団体、自治体、北海道遺産構想推進協議会の関係者など約120名が参加。同財団会長の太陽グループ・東原社長は、「みなさんのような活動がさらに広まれば、北海道はまだまだ豊かになるはず」などと挨拶した。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

オリンピア、甘デジMAX第2弾を発表

オリンピア、甘デジMAX第2弾を発表(2009/02/20更新)

 オリンピアは2月18日、東京・上野のショールームにてパチンコ新機種『CRAドーベルマン刑事TR』の発表内覧会を開催。同機は『CRA叶姉妹危機一髪!』に続く甘デジMAXの第2弾で、1975年から週刊少年ジャンプに掲載されたコミック「ドーベルマン刑事(デカ)」とのタイアップ機。納品は3月15日からスタートする予定。

 大当たり確率が1/118.4(高確率時1/15.8)の甘デジタイプながら、15R大当たりである「超大当たり」(出玉1440個)の割合が30%と高く出玉感のある仕様が大きな特長。確変突入率は100%で大当たり後10回転までがチャンス。大当たりのラウンド数は2Ror7Ror15Rの3種類で、15R大当たり後は確変10回転+時短70回転の「ド外道ラッシュ!TURBO」に突入する。

 一方、7R大当たり(672個)後は確変のみの「ド外道ラッシュ!」となるが、10回転の確変中に再度大当たりが引ければ「ド外道ラッシュ!TURBO」に昇格し、その後は確変及び時短中に大当たりを引く限り「ド外道ラッシュ!TURBO」が継続する。「ド外道ラッシュ!TURBO」の最高継続率は70%以上。

 また、ミドルタイプの『SD』も同時発表。主なスペックは、大当たり確率1/309.8(高確率時1/40.0)、確変突入率100%(70回転まで)、確変終了後時短30回転、ラウンド数7Ror15R、出玉728個or1560個。納品開始は同じく3月15日予定。

(C)武論尊、平松伸二/集英社

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

ダイコク電機、未来型システムの発表会に人だかり

ダイコク電機、未来型システムの発表会に人だかり(2009/02/20更新)

 ダイコク電機(栢森雅勝社長)は2月5日を皮切りに、名古屋、福岡、東京、大阪の主要都市4会場で「“MIRAI GATE2009”〜未来をカタチづくる現在〜」と題した展示会を開催。2月18日の東京会場では、注目の新システムを多数発表しただけに場内は業界関係者であふれ返った。

 展示会では、ファン視点に立った店づくりを目指す「fan First!(ファン・ファースト)」を統一コンセプトとし、コンピュータシステム『CII』とリンクさせることで活用の幅が広がる新製品として、台毎計数システム『楽pass(らくパス)』、呼出ランプに代わる10.4インチ全面液晶タイプの情報公開端末『BiGMO(ビグモ)』、台間取付表示装置『プレジャービジョンPV-77シリーズ』、景品管理システム『77シリーズ』などを出展。いずれも正式リリースは4月上旬を予定している。

 このうち、とくに会場内で人だかりが絶えなかったのが、低貸玉向けに提案する台毎計数システム『楽pass』。これは、既存島にも設置できる方式を採用した、パチンコの各台で出玉を計数できるシステム。低貸玉コーナーの中心客層であるライトプレイヤーを意識し、(1)ファンにわかりやすい、(2)ファンが安心して遊技できる、(3)安心のセキュリティ、の3点を特徴としている。

 (1)は誰でも簡単に理解できる利用方法を追求したつくりを指し、遊技者は基本的に「払出」「発券」「貯玉」の3つのボタン操作のみで利用できる。(2)は、CRユニットと切り分けたシステム構築により、残金があるカードやコインをいつCRユニットから抜いても正確な持ち玉数を表示するというもの。(3)は、ホールコンピュータシステム『CII』との連動で持ち込み玉ゴトなどの不正行為をリアルに検知するセキュリティ機能を指し、コンピュータを通してスタッフのインカムに自動で警報を発することもできる。

 展示会では各新製品のプレゼンテーションのほか、同社コンサルタント&スクールチームによるセミナーも実施した。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket