矢野経、全国店舗数は1万2717店舗と発表

矢野経、全国店舗数は1万2717店舗と発表(2009/02/09更新)

 矢野経済研究所は2月3日、「全国パチンコ経営企業数及び店舗数の現状について」(ダイジェスト版)を業界マスコミに配信。2008年12月20日現在の全国パーラー数が前年同期比で約6.5%(892店舗)減の1万2717店舗に、経営法人数では同約2.1%(96社)減の4380社にそれぞれ縮小している調査結果を報告した。

 それによると店舗数の減少率でもっとも高いのは佐賀県の14.6%減。減少数では北海道の83店舗がもっとも大きくなっている。また10店舗以上経営するパーラー企業は160社と前年の162社とほぼ同じ状況だったものの、10店舗未満のパーラー企業は前年から94社減少、4220社となっている。

 1店舗当たりの平均設置台数は、パチンコ機は前年比22.7台増の241.9台、パチスロ機は同9.1台減の121.2台。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

平和、売上は下方修正も経常は上方修正へ

平和、売上は下方修正も経常は上方修正へ(2009/02/09更新)

 平和は2月4日、09年3月期(08年4月1日〜09年3月31日)通期に関する業績予想(連結)を発表。第4四半期に投入を予定していた機種を見送ったため売上高が前回予想の528億7000万円から509億3000万円に下方修正する一方、第3四半期に投入したパチスロ機『南国育ち』が好調に推移したことから本業の儲けを示す営業利益について前回予想の75億7000万円の赤字から68億1000万円の赤字に赤字幅を圧縮。経常利益についても19億6000万円から31億円に業績予想を上方修正した。

 09年3月期通期の販売台数(連結)ではパチンコ機は前回予想より1万4000台少ない12万3000台。パチスロ機は逆におよそ7000台多い6万8000台を見込んでいる。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

アルゼ子会社合併及び新人事

アルゼ子会社合併及び新人事(2009/02/09更新)

 アルゼ(株)では本年2月1日を以てアルゼマーケティングジャパン(株)、アルゼレンタルサービス(株)、(株)セブンワークス、アルゼグローバルトレーディング(株)の4社を、アルゼマーケティングジャパン(株)を存続会社として合併した。また、アルゼマーケティングジャパン(株)の新人事を発表した。

【アルゼマーケティングジャパン(株)新人事】
代表取締役
 徳田 一
取締役(営業・開発担当役員)
 長谷川崇彦
取締役(製造担当役員)
 山口周平
監査役
 佐野正幸
開発顧問
 吉田賢吉

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

パーソナルの好調を追い風にマース上方修正

パーソナルの好調を追い風にマース上方修正(2009/02/09更新)

 マースエンジニアリングは2月5日、09年3月期第3四半期決算(連結)を発表。各台計数システム『パーソナルPCシステム』の好調ぶりを反映し、売上高は前年同期比17.8%増の230億6700億円、本業の儲けを示す営業利益は同34.8%増の55億9000万円を計上した。経常利益は同34.5%増の57億1800万円、四半期純利益は同29.2%増の32億800万円。

 またこれに伴い同社では通期の業績予想(連結)も次のように上方修正している(カッコ内は前回予想)。
■09年3月期通期連結予想
売上高  281億7600万円(278億800万円)
営業利益 67億8900万円(53億2100万円)
経常利益 69億3000万円(54億500万円)
当期純利益 38億1800万円(32億2400万円)

 今期第3四半期までの『パーソナルPCシステム』の導入店舗数は173店舗。累計では268店舗に拡大した。

 パーソナルシリーズの現在のラインナップはハイスペックモデルの『パーソナルI』、容易な工事で工期を短縮した『パーソナルII』、それに『I』と『II』の利点を組み合わせた『III』の3種類となっている。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket