パーラーへの信用保証、予算委分科会で議論

パーラーへの信用保証、予算委分科会で議論(2009/02/27更新)

 2月19日に開かれた衆議院予算委員会第七分科会(第1号)において、自民党の長崎幸太郎議員が、雇用確保の観点から信用保証に関するパチンコパーラーへの拡大を提起していたことがわかった。

 議事録によると長崎議員は、現在の経済対策、景気対策の中で緊急保証が多くの企業にとって役立っている点を評価する一方で、現在のパチンコパーラーは射幸心をあおることを理由に信用保証の対象になっておらず、そのため緊急保証の対象にもなっていない点を指摘。その上で、「私自身、余りパチンコはやったことないですけれども、ただ、これが今実は大きな雇用を抱えているのも事実だと思います」と述べ、「雇用を確保するという観点からも、この業種に対して保証の拡大というものを探る可能性はないのか」と問題を提起。

 また、射幸心をあおることを理由に信用保証の対象外となっている点についても、そもそもパチンコは射幸心があるからこそ都道府県の公安委員会の許可制となっているとし、「社会的な害のない範囲で管理されているものに対して一律に保証の対象にしないというのは、ちょっと粗っぽいところが、もう少しきめ細かくできないかなと思います」と述べている。

 これに対して、長谷川榮一中小企業庁長官は、雇用面においてパチンコが貴重な産業であるとの認識を示しながらも、信用保証の拡大については、「従来から射幸心をあおるものについては、(中略)やはり一線があるのではないかというふうな理解をしております」と回答した。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

日遊協が設立20周年記念式典を開催

日遊協が設立20周年記念式典を開催(2009/02/27更新)

 日本遊技関連事業協会(深谷友尋会長)では2月10日、都内千代田区のグランドアーク半蔵門で設立20周年記念式典を開催。式典には警察庁をはじめとする多くの関係者が駆けつけ、設立20周年を祝した。

 深谷会長は「日遊協は20周年を迎え、人に例えると成人式を迎えた。現状では厳しい経済環境の中におかれているが、このような時期に歴史の節目を迎えたことを一つの転機と受け止め、逆風に立ちすくむことなく、皆様と手を携えて、この式典を日遊協の新たなステップとしていきたい」と述べ「企業市民としての地位を確立する」、「娯楽の原点を見つめ直す」、「社会的貢献度の高い活動を一層充実する」の3つの指針のもと、「いつの時代でも身近で手軽な大衆娯楽であり続けるために、活動を弛まず展開し、新しい公益法人の取得へ全力で取組んでいく」と今後の方針を述べた。

 来賓祝辞では警察庁生活環境課の辻義之課長が巽高英生活安全局長の挨拶文を代読。その中で巽局長は、日遊協が業界の健全化をリードした功績を評価。一方で不正機問題などの課題が残されており「健全な娯楽として国民に広く受け入れられるよう業界の先頭にたって、なお一層尽力されることを望む」とさらなる健全化への取り組みを求めた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

千葉流防協が防犯カメラ12台を寄贈

千葉流防協が防犯カメラ12台を寄贈(2009/02/27更新)

 千葉県流通商防犯協力会(高畑修理事長)は2月23日、社会貢献活動の一環として、習志野市内の津田沼南口商店会に街頭防犯カメラシステムを寄贈した。

 寄贈した防犯システムは、防犯カメラ12台、モニターテレビ1台、レコーダー3台で、防犯カメラはJR津田沼駅南口からモリシア津田沼までの街路上に設置され、映像はモリシア防災センターで管理される。

 また同日、モリシア津田沼で行われた「防犯カメラ設置竣工式」には、荒木勇習志野市長はじめ習志野警察署・杉田義弘署長ら関係者約50名が参加。津田沼南口商店会と習志野署から同流防協に感謝状が贈呈された。なお、2月19日には習志野市からも感謝状が贈られた。

 同流防協は、千葉県内のパチンコパーラーに景品を卸す問屋の団体。社会貢献として、県内自治体や各種団体に防犯カメラや防犯パトロールカーなどの寄贈を行っている。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

萌え系パチスロ『ツインエンジェル』が再び登場

萌え系パチスロ『ツインエンジェル』が再び登場(2009/02/26更新)

 サミーは2月19日、全国各拠点ショールームでパチスロ新機種『ツインエンジェル2』の内覧会を開催した。

 モチーフの「ツインエンジェル」は、サミーのオリジナルコンテンツ。ヒロインの水無月遥(レッドエンジェル)と神無月葵(ブルーエンジェル)が、快盗天使ツインエンジェルとなり、盗まれた宝物を取り戻すため組織と闘う姿を描いたストーリー。2006年に発売されたパチスロ『ツインエンジェルR』に止まらず、漫画やラジオ、携帯アプリ、OVA(オリジナルビデオアニメーション)、オリジナルグッズなど幅広くメディアミックス展開され、多くのファンを持つ人気コンテンツのひとつだ。

 『ツインエンジェル2』ではヒロイン達はもちろん、新登場する味方の葉月クルミ(ホワイトエンジェル)や敵キャラクターにも人気声優が起用されている。また前作同様、有名イラストレーターが描く特典画像も収録。ボーナス毎に総勢120名が描いたイラストのいずれかが映し出され、ビジュアル的にもプレイヤーを一層楽しませる要素が盛り込まれている。

 ゲーム性では、前作でもお馴染みのRTループをパワーアップさせて搭載。RTループの鍵となるのは、ボーナス中などに発生するナビストック機能。ストックしたナビは、ボーナス後に必ず突入するチャンスゾーン「エンジェルチャレンジ」中に放出され、プレイヤーはナビされた押し順に従うことで30G完走型のRT「エンジェルタイム」を獲得できる。RTは現状維持程度で、終了後は再度チャンスゾーンに突入する仕組みだ。

 ボーナスは純増約255枚のハイパーボーナスと同200枚のビッグボーナス、同80枚のミドルボーナスを搭載。合成ボーナス確率は1/199(設定1)~1/140(設定6)。1000円当たりのゲーム数は34G~36.5G程度となっている。納品は3月29日からスタートする予定。

 さらに、同機では遊技機とWebを連動させた新システム「MYスロ」を搭載し、導入後の稼働を支援。プレイヤーは液晶画面上に表示されるQRコードを携帯電話に読み込み専用サイトで会員登録。プレイヤーは登録時に支給されたパスワードを遊技機に入力して遊ぶことでポイントを獲得。遊技終了時は再度QRコードを読み込めば履歴を保存でき、次回遊技する際にポイントを引き継ぐことができる。また貯まったポイントでは、専用サイトで画像や着ボイスなどのダウンロードなどのサービスが利用できる。

(C)Sammy

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

3分野から新台動向探るユニークなセミナー開催

3分野から新台動向探るユニークなセミナー開催(2009/02/26更新)

 (有)ピーマップス(三浦敦代表取締役)では2月25日、都内にて機械研究会を開催した。同セミナーは参加費無料、営業一切無しとの方針が大きな特長。

 セミナーは3部構成で、第1部は(株)SEEZ・上條義文代表取締役が「2009年を生き残るプロモーション戦略」をテーマに担当。同氏はパーラー情報誌、パーラー店長向けフリーペーパーの立ち上げに尽力した後、神奈川県版「でちゃう!」の正規代理店としてパーラーイベント企画等に携わっている。

 講演では「テレビ」「折込」「雑誌」「ホームページ」等10種類のメディアについて、コストやメリット、デメリットを解説。「お客様に選ばれるためには、お客様の頭に浮かぶパーラーにならなければならない」とし、その為のプロモーションとして何が有効か、等について解説した。

 第2部ではピーマップス執行役員・本田正豪氏が注目されるパチンコ新機種についてそのゲージ構成を解説。メーカーでゲージ設計を手掛けた経験をもとに、それぞれのゲージについて営業上のポイントとなる部分を指摘した。

 続く第3部ではヒューテック(株)顧客情報支援部の福田耕太郎部長が、同社の推進する客帳分析をもとに、「顧客視点から見た機種診断法」と題して講演。

 パーラーにとって育成すべき機種なのか、早期に回収すべき機種なのかを見極めることが効率的な経営に繋がるとし、そのための客帳データ活用方法等を紹介。また、初当たりまでの平均投資額と、遊技客の平均投資額との乖離に注目した「T乖離率」という指標ついて活用方法等を解説した。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

エマ×駄菓子コラボ第3弾『うまい棒』登場

エマ×駄菓子コラボ第3弾『うまい棒』登場(2009/02/25更新)

 エマは2月17日、都内東上野の「P・Players’ Cafe」でパチスロ新機種『うまい棒V』のプレス発表会を開催した。

 会の冒頭、藤原大作常務が壇上に立ち、「駄菓子とのコラボレーションも『よっちゃんいか』『チョコバット』に続いて第3弾。今回は、今年30周年を迎えた駄菓子の王様『うまい棒』とタイアップできたのはとてもうれしい。パチスロプレイヤーの皆様には、うまい棒と同様に同機を慣れ親しんでいただきたい」と挨拶。続いて、うまい棒のメーカー、(株)やおきん営業企画部の酒井勝一係長が「現在実施しているうまい棒の30周年キャンペーンでは、多くのファンから好評の声をいただいている。パチスロもそのDNAを組む製品としてファンの皆様に幸せを提供できるものと信じている」と語った。

 『うまい棒V』は、パネル上だけのタイアップではなく、ドット演出にもうまい棒のパッケージキャラクターが起用され、期待度の高い連続演出では野球やサッカー、バレーボールなどでコミカルな動きとともに演出を盛り上げる。

 ボーナスは、純増208枚の「うまいボーナス」「スーパービッグボーナス」「ビッグボーナス」と、同90枚の「おやつタイム」の計4種類を搭載。このうち、うまいボーナス終了後は次回ボーナスまで継続するRT「スーパーうまい棒チャンス」へ、スーパービッグボーナスorビッグボーナス終了後には「チャンスゾーン」となり、通常リプレイ(青プラム揃い)でチャンスゾーンが終了、特殊リプレイ(紫プラム・青プラム・青プラム)当選でRT「うまい棒チャンス」に移行する。「うまい棒チャンス」中は特殊リプレイが主に揃い、通常リプレイで終了となるが、一部の特殊リプレイ(青プラム・青プラム・BARor赤7orうまい図柄)当選でスーパーうまい棒チャンスへの昇格も見込める。また、通常時は90ゲーム周期で、チャンスゾーン発生が期待できる。

 RTの純増枚数約はいずれも1.1枚/G。2種類のRTは「おやつタイム」以外のボーナス当選で終了する。納品は4月5日からスタート予定。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

八代亜紀タイアップ第2弾、テーマは「2面性」

八代亜紀タイアップ第2弾、テーマは「2面性」(2009/02/25更新)

 タイヨーエレックは2月24日、東京・港区の六本木オリベホールにおいて、パチンコ新機種『CR八代亜紀 心の故郷 帰りませんか』のプレス発表会を開催した。

 同機は2005年11月に発表された『CR演歌の歌姫 八代亜紀』以来3年ぶりとなる演歌歌手・八代亜紀さんとのタイアップ機。同機は日本の四季と昭和の古き良き時代の背景をベースに、演出、楽曲、八代亜紀の3つの「二面性」をコンセプトにすることで、斬新さと意外性、奥深さを加味。楽曲面では大ヒット曲「おんな港町」、「愛の終着駅」、「もう一度逢いたい」、「雨の慕情」、「舟唄」の5曲のほか、オリジナル収録となる童謡5曲、プレミアム曲「サマータイム」など10曲以上を搭載。また八代さん本人提供の秘蔵写真150点も登場するなどデビュー当初から現在までの全てが楽しめる作りとなっている。

 タイプは、ハイミドルタイプの『HTX』(大当たり確率1/349、確変継続率63%)と、ミドルタイプの『MTY』(同1/315、同61%)の2機種。納品は3月22日からスタートする予定。

 プレス発表会では八代さんが「舟唄」を熱唱したほか、タイヨーエレックの佐藤英理子社長と童謡「故郷」をデュエットし、大きな拍手に包まれた。八代さんは「昭和の世界をテーマに、温かくて切なく、でも心が温まる素晴らしい出来になりました」とPR。

 佐藤社長は「昭和の良き時代を思い起こし、今の世の中で忘れられていることや大事にしたいこと、日本人から誰もが持つ心の故郷を、この機械を通じて感じて頂きたい。今後も今まで以上にエンターテインメント性を重視し、クオリティアップを目指すと共に、社会にも話題を提供するようなプロモーション戦略を展開していきたい」との方針を述べた。

(R)&(C)ミリオン企画 (C)藤井秀樹

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

同友会が会見、機構への拠出金は前年並みに

同友会が会見、機構への拠出金は前年並みに(2009/02/25更新)

 日本遊技産業経営者同友会では2月18日、都内の同組合事務所で1、2月度理事会を開催。理事会終了後、今年度初の記者会見を開いた。

 記者会見では(1)平成21年度の通常総会は5月20日に開催。役員改選は2月16日より3月16日までに理事の立候補を受付け、3月24日の選考委員会で役員を選定、(2)遊技産業健全化推進機構の予算拠出について、21年度については20年度並みの負担(一台100円)を行うことを決議、(3)2月19~20日に静岡県熱海市で9社26名による第1回店長交流会を開催、(4)昨年暮、同友会と日遊協による健全化推進部会の席上で決定した不正対策勉強会を全国6カ所で開催、など理事会で討議された内容について大原弘事務局長が説明した。

 高濱正敏代表理事は「厳しい状況の中、国民、庶民のために遊技の快適の場を提供できるかを考え、会員に対しての勉強会を行っているが、業界の運営に関して日遊協とともに様々な改善・提案を行っていきたい。パチンコ人口に対して若干上がったというデータもあり、この時期だからこそ頑張っているというものを示さなければならない」と述べ、パチンコ産業展の継続的な開催などにより、ファンへのアピールを行う必要性があると述べた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

設定不問でボーナスの連続性が楽しめる新機能採用

設定不問でボーナスの連続性が楽しめる新機能採用(2009/02/25更新)

 (株)コルモではパチスロ新機種『シーシー』を発表。2月24日には本社ショールームで展示会を開催した。

 同機はボーナス内部成立から、実際にボーナス図柄を揃えることが可能となるゲームまでに放出抽選(リプレイ、1枚小役等が非成立のハズレゲームで当選)を行い、ボーナスの波を演出。放出抽選確率は連続性、引き戻し、ハマリを演出する3種類あり、ボーナス内部成立時に振り分けられる。内部成立確率は全設定共通で1/128となっており、設定不問で高設定さながらの連続性が楽しめるというシステムだ。連続性を演出するモードの選択割合は80%以上。

 ビッグ1図柄、レギュラー2図柄及びチャンス1図柄と4種類のボーナス搭載。ビッグと7・7・シーサーのレギュラー成立後は連続性を演出するモードに突入し早いゲーム数でボーナス図柄を揃えることが可能。この2つのボーナス内部成立後は液晶が変化しストック状態をプレイヤーに告知する。

 納品は4月12日開始予定。

(c)COLMO

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

ダイコクが東京など4都市で展示会&セミナー

ダイコクが東京など4都市で展示会&セミナー(更新日:2009/02/24)

ダイコク電機(本社・名古屋市、栢森雅勝社長)は2月5日から24日にかけて、東京・大阪・名古屋・福岡の4都市で「MIRAIGATE2009~未来をカタチづくる現在~」と題した展示会&セミナーを開催。台毎計数機「楽pass(らくパス)」や新情報公開端末「BiGMO」など、話題の新製品をひと目見ようと、各会場とも多数のホール関係者が訪れた。中でも注目を集めた「楽pass」は、基本的に「払出」「発券」「貯玉」という3つのボタン操作のみで遊技可能。さらにCRユニットと完全に切り分けられているため、残金があるカードやコインを抜いても、常に正確な持玉数を表示。来店客にとって、わかりやすくて安心なシステムとなっている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket