大量導入優先販売の是正に向け、4団体が合意

大量導入優先販売の是正に向け、4団体が合意(2009/01/30更新)

 全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)、日本遊技関連事業協会(日遊協)、日本遊技機工業組合(日工組)、および日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)の業界4団体は1月28日、遊技機の販売方法について合意した。1月30日開催のパチンコ・パチスロ産業新年賀詞交歓会で公表された。

 合意事項は以下の2点。
(1)いわゆる大量導入優先販売については、その現状が格差を拡大し、不公平感を増大させるおそれがあると各団体が共通の認識を持ち、その是正に向けて誠実に協議し、具体的な施策の実行に努める
(2)抱き合わせ販売をはじめとする独占禁止法等の諸法令に違反するおそれのある販売方法を禁止する

 導入台数によって納品日に差がつけられる大量導入優先販売に関しては、大型店舗有利の不公平な販売にあたるとして、設置台数の少ない中小店舗から批判が出ていた。また、人気機種との抱き合わせ販売についても長年パーラーが指摘していた。パーラー団体の全日遊連と日遊協ではこうした声を受けて、問題視される遊技機の販売方法の改善に向けてメーカー団体と協議を重ねていた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

パワフル最新作、遊び易い新スペックで登場

パワフル最新作、遊び易い新スペックで登場(2009/01/30更新)

 SANKYOはこのたび、パチンコ新機種『フィーバーパワフルワールド』を発表した。大当たり確率1/150という遊び易いスペックながら、「地球防衛モード」とチャンスタイム「マジカルナイト」の2つのモードのループによってミドルスペック並みの出玉感を期待できるのが特長だ。納品は2月15日から。

 大当たりは、お馴染みの9マス8ラインによる「7」の3つ揃い、「オールフルーツ」に加え、新たに8ライン上にチェリーが4つ停止すると大当たりのチャンスとなる「チェリーボーナス」を搭載。「チェリーボーナス」(小当たり含む)では、プレイヤーがチャンスボタンを使ってダブルアップチャンスに挑戦、成功するほど獲得出玉が増加していくというカジノ感覚のボーナスとなっている。

 大当たりラウンドは16R、8R、4R、2Rと多彩。オール「7」揃い、オールフルーツ大当たり後は確変確定の「地球防衛モード」に突入、それ以外の「7」揃いとチェリーボーナス後は内部確変が期待できる「マジカルナイト」(10回転or80回転)となる。

 地球防衛モード中はバトル演出となり、バトル勝利でモード継続、敗北で「マジカルナイト」へ。マジカルナイト中は4R以上の大当たりで「地球防衛モード」へ移行する。地球防衛モード突入からのモードループ率は83%と高く、瞬発力のある出玉性能を実現している。

 スペックは大当たり確率1/150(高確率1/33)、確変突入率71%。大当たりの振り分けは、16R確変(14%): 8R確変(36%):4R確変(13%): 2R確変出玉あり(6%):2R確変出玉無し(2%):2R通常出玉あり(29%)。出玉は16R(約1310個)、8R(約650個)、4R(約320個)、2R(出玉無しor約150個)。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

都遊連、新規加入金を台あたり2000円に値上げ

都遊連、新規加入金を台あたり2000円に値上げ(2009/01/30更新)

 東京都遊技場組合連合会は1月27日、臨時総会を開催し、新規加入店拠出金の値上げを決議した。これにより、東京都遊連への新規加入店拠出金は、現行の台あたり1000円から2000円となる。値上げ時期は今年4月から。

 値上げの理由は、新規加入店拠出金を原資とする「健全化対策特別資金」を確保するため。同資金は、平成17年度から東京都遊技機検査機構(健全化センター)の運営・活動費に当てられているが、年間収入に対してセンターの出費が上回る状態が続いていた。

 健全化センターは、不正機排除を目的に02年12月に発足、一般ファンや業界関係者からの通報に基づき、都遊連加入店舗への立入検査や健全営業指導を実施している。センターの活動・運営費は過去3年間でほぼ一定しているものの、平成17年度から新規加入店の減少に伴い加入金収入が大幅に減少、平成19年度の加入金収入は平成17年度に比べ41%減となっていた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket