パーソナルシステムなど話題のテーマを研究

パーソナルシステムなど話題のテーマを研究(2008/12/19更新)

 ぱちんこ未来図研究会(平澤黎哲代表)では12月19日、都内にて第5回研究会を開催した。

 今回は低貸玉営業の普及などにより導入の進む各台計数機や、昨今のパチンコ経営において重要なファクターとなっている中古機の資産活用、また来春にも影響が出るとされる高射幸性タイプパチンコに対する内規改正といったホットな話題について論議。各台計数機については(株)マースエンジニアリング、中古機の資産活用については(株)バリュー・クエストより担当者を招き、現状やメリット・デメリットについて解説を受けた。

 MAXタイプの運用については、高粗利で営業できるタイプだけに遊技客のダメージに対する配慮も必要で、自店の客層、設置バランスを考えた運用が必要だとの意見も多く聞かれた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

大都技研、AT機を極限まで再現した『忍魂』発表

大都技研、AT機を極限まで再現した『忍魂』発表(2008/12/19更新)

 大都技研はこのほど、パチスロ新機種『忍魂』(型式名/シノビダマシイ3)を発表。1月12日より納品を開始する。

 同機は忍びの世界をコミカルに描いた完全オリジナル仕様。14インチ大型液晶と可動式役物による『アクビジョン』を搭載した新筐体を採用し、「月光ノ刻」と称するARTを軸としたゲーム性が特徴だ。

 ARTの突入契機は全ボーナス後に移行する高確率ゾーン中のチャンス目出現時がメインとなり、ほかに通常時のチャンス目出現時などもチャンス。このときにARTの突入抽選を行い、同時に継続ゲーム数も抽選する仕組み。ARTの継続ゲーム数は最低50ゲーム。純増枚数は1ゲームあたり1.5枚と5号機トップクラスを誇る。高確率ゾーンのゲーム数はBB後で約70ゲーム、RB後で約30ゲームとなり、同ゾーン中の強チャンス目出現時はARTが確定する。

 またARTの上乗せもあり、ART中のチェリー、スイカ、チャンス目、ボーナス当選の各契機に上乗せ抽選が行われるほか、ボーナスが成立してARTが終了しても、ボーナス消化後に前兆を経由して残りのARTが復活するなど、4号機時代のAT機を彷彿させる内容に仕上げた。ART中の打ち方は、液晶画面上でナビされた「青7」「桃7」「バー」の3つの図柄のうちのどれかを左リールに狙うだけと至って簡単だ。

 ボーナスは純増約220枚のBBが4種類、純増約100枚のRBが2種類の合計6種類。設定は4段階で、ARTとボーナスを含む合成確率は設定6で約1/140となる。

 演出面では、液晶チップに高解像度に対応する「AG-3」を採用。主人公の「疾風」に大物声優の野沢雅子さん、ヒロインの「楓」には同じく声優の戸松遥さんを起用しているほか、同社お馴染みのオリジナルサウンドも盛り込んでいる。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket