ぱちんこ未来図研究会がキックオフセミナー開催

ぱちんこ未来図研究会がキックオフセミナー開催(2008/07/31更新)

 厳しい経営環境が続くなか、「ぱちんこ未来図研究会」(発起人・平澤黎哲)がスタート。7月30日にはキックオフセミナーを開催し、約100名が集まった。

 セミナーに先立ち発起人である平澤黎哲氏((株)山水代表取締役)は、「特に中小零細店舗が苦しい経営環境。こんな時はパチンコ業界外の考えを知り、取り入れることも大切。『出来ない』ことを何度証明したところで何も進まない。少しでも『出来る』ことを証明し、実践していきたい。100店舗以上を展開する大手チェーンも出てくるなか、中小店舗の生き残り策を模索、実践していきたいが、自店の努力だけでは限界がある。仲間を集め、購買力などで存在感を高めたい」などと会の趣旨を説明。

 続いて講師として招聘された諏訪東京理科大学共通教育センター教授で、パチンコに対しても理解が深いことで知られる篠原菊紀氏、(株)Faithホールディングス代表取締役会長の熊澤修氏両名が講演を行った。
 
 なお、同会の企画・運営は(株)TAG(坂下敦子代表取締役)が担当、今後も月に1度程度のペースで勉強会等を開催していく意向だ。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

ファン人口は1450万人~レジャー白書2008

ファン人口は1450万人~レジャー白書2008(2008/07/31更新)

 財団法人社会経済生産性本部では7月31日、「レジャー白書2008」を発表した。パチンコ参加人口は1450万人で前回に比べ210万人の減少。これで5年連続の減少となるとともに、過去最低水準の数値を記録することとなった。

 市場規模(貸玉料)は22兆9800億円。前年に比べ4兆4750億円の減少であり、ピークだった1995年(30兆9020億円)の約75%というレベル。市場規模の急激な縮小について同本部は「射幸性の高いパチスロ機の撤去機よるところが大きい」と指摘している。

 「レジャー白書」は余暇市場を需給両面から総合的に判断する統計として、本年で通巻32号を迎えた。発表の場では社会経済生産性本部・元石一雄常務理事の挨拶に続き、同本部でレジャー白書の発刊を担当する余暇創研の柳田主任研究員が今回の概要について説明。2007年中の余暇トレンドに関しては「インドア化、身近な行楽への移行」「パチンコ市場の急激な落ち込み」「レジャーの二極化(元気なシニアと若者のレジャー離れ)」「余暇の成熟化(選択投資型余暇・賢い余暇消費者)といった点を指摘している。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

無承認変更で元パーラー管理者を逮捕

無承認変更で元パーラー管理者を逮捕(2008/07/31更新)

 鳥取県警倉吉署は7月25日、倉吉市内に住む元パーラー管理者の盧茂容疑者を風適法違反(無承認変更)の疑いで逮捕した。日本海新聞などが報じた。

 報道によると盧容疑者は、勤めていた同市内のパーラーに設置されていた46台のパチスロ機の電子部品を不正に交換した疑いがもたれている。同署が3月8日にパーラーを捜索して主基板などを押収したことから犯行が明かとなった。容疑者は昨年10月15日頃から今年3月7日まで営業を任されていた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

茨城、新潟県警などがファーストを家宅捜査

茨城、新潟県警などがファーストを家宅捜査(2008/07/30更新)

 パチスロ製造メーカーの(株)ファースト(東京都中央区・大島享社長)が大当たりの確率を不正に操作できるICを組み込んだ遊技機を製造・販売したとして、茨城、新潟県警などの合同捜査本部は7月29日、商標登録違反の容疑で同社本社と茨城県内の工場など5カ所を家宅捜査した。全国紙などの各メディアで報道された。

 各報道によると、ファーストは自社で不正に改造したICを製造し、大手電機メーカーの商標を印字して、同社製パチスロ機『ザゴルフ-30』に組み込み、茨城県内のパーラーに販売した疑いがもたれている。

 合同捜査本部を組む茨城、新潟、愛知、三重、沖縄の各県警が合同で捜査を進めており、29日にはすでに愛知県の遊技機販売業者の幹部ら数人が逮捕され、ファーストの大島社長ら8人の逮捕状もとっており、近く逮捕される見通しだ。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

プレイ頻度と投資金額、5号機移行でともに減

プレイ頻度と投資金額、5号機移行でともに減(2008/07/30更新)

 社会安全研究財団は7月29日、都内の日工組事務局で同財団が実施したパチンコ・パチスロに関する世論動向調査に関する概要説明会見を開き、5号機移行後、パチスロで遊ぶ頻度が「減った」と答えたパチスロファンが51%と半数を超え、1回あたりの投資金額も減ったとの回答も49%とほぼ半数に達していたことを報告した。会見には同財団の上田専務理事と調査の分析にあたった文教大学国際学部の山田教授が出席した。

 この調査は都内のパーラー計15店舗に実際に来店した現役ファンを対象にしたもの。5号機移行前の07年2月から3月と、移行後の07年12月から今年1月の2度にわたるアンケート調査に基づいている。

 有効サンプルは移行前で1025人、移行後は1207人。移行前の調査対象はすべて4円営業の店舗。移行後に関しては1円パチンコ実施店6店舗を含む15店舗に変更。6店舗の回答客のうち約3割が所持金などの状況に応じて1円と4円を使い分けている結果が得られている。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

近代鉄鋼150周年記念イベントでパチンコ玉展示

近代鉄鋼150周年記念イベントでパチンコ玉展示(2008/07/30更新)

 7月26・27日の両日にわたり、都内で近代鉄鋼発祥150周年を記念したイベント「鉄の星フェスティバル」(主催・社団法人日本鉄鋼連盟)が開催された。

 近代鉄鋼発祥150周年を迎える本年、同連盟では「人が活かす、人を生かす、鉄」をスローガンに記念事業を展開しており、今回のイベントはその機軸を成すもの。会場では同事業のイメージソングを作詞作曲した石井竜也氏による発表ライブや、神戸製鋼ラグビー部総監督・平尾誠二氏のトークショーなどが行われた。

 また、製鉄産業によって生み出された製品や技術、人の中から特にエポックメイキングなものを選出した「イノベイティブスティール」には「パチンコ玉」も選ばれ会場内で展示。

 今回のパチンコ玉展示に際し、遊技球製造協会・田中秀明代表理事は「近代製鉄発祥150周年記念事業において、遊技球がイノベイティブスティールの一つに選出されたことは誠に光栄なことと感じております。生活の場において比較的身近に感じられるパチンコ玉を、違った角度から認識していただける良い機会だと思っています。これからも改良を加え世の中の要望に応えて参りたいと思います」 とコメントを寄せた。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

PTB監視調査のダイジェスト版登場

PTB監視調査のダイジェスト版登場(更新日:2008/07/29)

パチンコ企業の社会的地位向上を目指す第三者監視機関、パチンコ・トラスティ・ボード(略称PTB)は7月16日、東京都中央区の同会議室で「第3回PTB公開セミナー」を開催。第一部では、PTB監視委員会副委員長で公認会計士の大久保和孝氏と同調査事務局の井出博之氏が、コンプライアンスや内部統制など、通常の監視基準(110項目)を簡略化し、低コストできる新サービス「PTB内部管理基本調査」の内容を説明。また第二部では、同監視委員会委員の國廣正弁護士が「日本社会の新しい動きとコンプライアンス」をテーマに講演した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

遊技機検定情報(7月28日東京都公安委員会告示第257号)

遊技機検定情報(7月28日東京都公安委員会告示第257号)(更新日:2008/07/29)

遊技機検定情報(7月28日東京都公安委員会告示第257号)㈱オリンピア「CR夕陽のガンマンHV1」「CR夕陽のガンマンSD1」「CRA夕陽のガンマン1」、㈱ビスティ「CR七人の侍SF-T」、㈱ニューギン「CR新EX麻雀H-VC」「CR新EX麻雀H-V」「CR新EX麻雀N-V」「CR新EX麻雀N-VC」、㈱ソフィア「CRAパチンコ大賞LFZ」「CR009-1MTB」、アイジーティージャパン㈱「エアマスターT」「信長の野望オンラインV」、㈱エマ「アッパレマネキネコV」「イミソーレ2R-30」、㈱銀座「ザ・ブルーハーツSP」

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

アビリットが「イルカ夫人」発売

アビリットが「イルカ夫人」発売(更新日:2008/07/29)

アビリット(本社・大阪市、濱野雅弘社長)は7月24日、東京と大阪の支店ショールームでパチスロ新機種「イルカ夫人」の内覧会を開催。同機は非液晶搭載機で準完全告知タイプ。リール上部に設置されたガラスの中のイルカフィギュアが光ればボーナス確定となる。営業マンは「イルカの光には紫外線を使用し、ウルトラバイオレット告知と名づけました。シンプルなゲーム性で、どんな方にも楽しんでもらえます」とPR。ホール導入は9月初旬予定。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

豊丸産業がNAGOYA 夏まつりに出展

豊丸産業がNAGOYA 夏まつりに出展(更新日:2008/07/29)

豊丸産業(本社・名古屋市、永野光容社長)は7月26、27の両日、名古屋市の「久屋大通公園」で開かれた第38回CBC NAGOYA 夏まつり(中部日本放送主催)に協賛し、ブースを出展。自社のパチンコ台を無料開放するなどして人気を集めた。まつりは毎年50万人以上の人が訪れる真夏の名古屋の風物詩。夜店や大道芸、音楽ライブのほか、キリンビール、武田薬品、日清食品といった大手企業や地元企業などがブースを出展した。豊丸産業のブースでは、最新機種からなつかしの“レトロ台”まで実機8台を設置。1994年発売で一世を風靡した初代「ナナシー」をはじめ、「ニューシーザー2世」「CRデンデンデン1章」「CR平家物語B1」、「CR銀河鉄道999M」「CRAバーストエンジェルVV」などが展示された。ブースでは遊技機プレーのほか、パチンコ玉当てゲームも実施。同社新機種の「CR銀河鉄道999」にちなみ、玉箱から手で玉をぴったり99個すくうことができれば、賞品をプレゼントした。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket