遊技機検定情報(12月22日東京都公安委員会告示第437号)

遊技機検定情報(12月22日東京都公安委員会告示第437号)(更新日:2008/12/23)

遊技機検定情報(12月22日東京都公安委員会告示第437号)㈱三洋物産「CR加山雄三MTL」、㈱ソフィア「CR交響詩篇エウレカセブンF」「CR交響詩篇エウレカセブンGLB」「CR交響詩篇エウレカセブンZC」、㈱銀座「CR桃太郎電鉄MV」「スクールウォーズR」、㈱ヤーマ「ラックオンラックU」、㈱平和「南国育ちR2-30」、㈱スパイキー「カジノシティ」

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

マルホン「CR シャカRUSH」内覧会

マルホン「CR シャカRUSH」内覧会(更新日:2008/12/23)

マルホン工業(本社・愛知県春日井市、和泉靖社長)は12月16日、東京都台東区の東京支社ショールームで、「CRシャカRUSH」の内覧会を開催した。同機はシャカ(釈迦)をモチーフとし、盤面中央に金色に輝く大きなシャカ役物とパトランプを搭載。大当たり確率が約1/400のMAXタイプ「~R」と約1/160の甘デジタイプ「~G」の2種類をリリース。どちらも73回転の確変が付くST機となっている。同社の広報担当者は「爆発力はもちろん、おもしろおかしい演出も魅力の一つとなっています」とアピールした。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ニューギンが4年ぶりに「CR天童よしみ」

ニューギンが4年ぶりに「CR天童よしみ」(更新日:2008/12/23)

ニューギン(本社・名古屋市、新井悠司社長)は12月17日、各拠点でパチンコ新機種「CR天童よしみの平安浪漫」の内覧会を開催した。同機は大当たり確率約1/317のミドルスペックで、演歌界の歌姫と呼ばれる天童さんとの4年ぶりのコラボレーションを実現。平安時代のみやびやかな和歌の世界を、同社定評のモード移行と4大役物や先読み連続予告、さらには天童さんの熱唱シーンなどで絢爛(けんらん)豪華に盛り上げる。特に注目は高確移行と大当たり、どちらの期待度も高い妖艶モード。営業マンは「通常モードから小当たりなどを経由しないで、いきなり突入します。約4回転で、激アツの擬似連のようなもの。進化したモード移行を楽しんでほしい」とアピールしている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

神奈川福祉事業協会が福祉車両寄贈先を決定

神奈川福祉事業協会が福祉車両寄贈先を決定(更新日:2008/12/23)

神奈川県遊協(平川正寿理事長)と平川理事長が会長を務める神奈川福祉事業協会は、このほど平成20年度福祉車両支援事業の車両寄贈先を決定。寄贈先は県内の障害者福祉施設と高齢者福祉施設で合計10カ所。寄贈式は来年の4月に行われる。今回は初の試みとして県下に一般公募をし、約40の応募の中から寄贈先を選定した。本事業は同協会の設立(昭和60年)と同時に開始され、今までに約100の福祉施設に計144台の車両が寄贈されている。同協会は「一般公募にすることで平等に寄贈先を決定できた。今後も続けていきたい」としている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

三重県遊福連が29団体に1000万円

三重県遊福連が29団体に1000万円(更新日:2008/12/23)

三重県遊技業福祉連合会(山下健次代表世話人)は12月16日、津市の「ホテルグリーンパーク津」で、第6回MPドリーム助成金贈呈式を開催、県内のNPOなど29団体に計1000万円を贈った。同連合会は三重県遊協加盟ホールから景品買取業務を行っている県内16地区の遊技福祉会などによって構成される連合組織。山下代表世話人は「遊技業界を取り巻く環境には厳しいものがございますが、今回助成金を贈呈させていただく皆さまにおかれましても、ボランティアや非営利活動を続けていくにあたって大変厳しいものがあると存じます。地域の皆さまの夢を応援するのが遊技業界の務めであり、また、ご支援を継続していくことが使命とも考えております」と話していた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

日遊協ボランティア基金の第5回助成先決定

日遊協ボランティア基金の第5回助成先決定(更新日:2008/12/23)

日遊協(深谷友尋会長)は12月16日、日遊協ボランティア団体基金の助成団体審査委員会を開き、第5回助成団体として7件11団体に対して計780万円を助成することを決定した。今回の助成対象団体は「NPO法人 幼い難民を考える会」や「NPO法人 難民を助ける会」など。同基金は、04年に台風23号や新潟県中越地震など大きな自然災害が多発したことをきっかけに、被災地での活動や児童・青少年の健全育成などに取り組んでいるボランティア団体を助成するために設立された。助成は日遊協会員企業からの浄財をもとに毎年1回行われ、過去4回では延べ25団体に対して計2260万円を助成している。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

全日などが厚労省にパチンコ蔑視発言で抗議

全日などが厚労省にパチンコ蔑視発言で抗議(更新日:2008/12/23)

全日遊連と余暇進、PCSAのホール関係3団体は12月5日、厚労省の「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」事務局に対して、11月13日の同懇談会における奥田碩座長(トヨタ自動車取締役相談役)の発言を遺憾とする申立書を連名で提出していたことがわかった。「奥田発言」とは、奥田座長がワイドショーなどのテレビ番組における過度な厚労省たたきに不快感をあらわにする中で、「ああいう番組のスポンサーはパチンコ屋とかサウナ、うどん屋」とまくし立てたとされるもの。全日などの3団体は「どのような確信を持って発言したのか疑問。健全な大衆娯楽を目指しているパチンコ業界団体としては大変遺憾で、今後、業界に対する理解を深めてほしい」などと訴えている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

全日の組合員店舗数が1万2000店割れ

全日の組合員店舗数が1万2000店割れ(更新日:2008/12/23)

全日遊連(原田實理事長)は12月19日、今年11月末現在の全国組合員店舗数と遊技機台数を発表。全国営業店舗数が1万1966店舗と、ついに1万2000店舗割れしたことが明らかとなった。全日遊連が都府県方面遊協の報告に基づき、07年秋から月ごとに集計しているもので、そのほか休業店舗数は237店舗。営業店舗数の報告にあたっては休業店舗を含んでいる組合もあるため、実質的な営業店舗はもっと少ないものと思われる。一方、遊技機台数はパチンコが281万7314台で、パチスロが139万1492台。今年1月と比べてパチンコは計5万3396台増え、パチスロは計14万3900台減っている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

日工組の加盟各社がテレビCM朝夜自粛へ

日工組の加盟各社がテレビCM朝夜自粛へ(更新日:2008/12/23)

日工組(井置定男理事長)の加盟各社はテレビコマーシャルの一部を、来年4月から朝夜自粛することがわかった。日工組関係者によると今年11月の組合会議で合意したもので、遊技機の宣伝に関するCM放映を午前5時から同9時までと、午後5時から同9時までの時間帯、自粛する。いずれも子どもがテレビをよく見るとされる時間帯で、企業のイメージCMは適用外。遊技機関連のテレビCMが近年増えていることは、マスコミなどでも時折話題になっていたが、日工組関係者は組合自体に視聴者からの抗議が寄せられることはなかったと説明。しかし、加盟各社には批判的な声が寄せられつつあったようだとして、「今年の夏以降、会合などでも話に出るようになっていた。また、放送界の第三者機関『放送倫理・番組向上機構』の一部でも問題になっているとの話を聞き、今回の申し合わせに至った」と話している。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

全国パーラー数、1万2000店舗割れる

全国パーラー数、1万2000店舗割れる(2008/12/22更新)

 全日遊連加盟店舗数が11月末現在で1万2000店舗を割り込んだことがわかった。12月19日、全日遊連が毎月実施している「新規店舗数及び廃業店舗調査」の最新版が明らかにした。

 それによると11月末現在の加盟店舗数は前月比40店舗減の1万1966店舗。11月中の廃業店舗数は前月より5店舗多い62店舗で、今年1月からの累計では836店舗が店を畳んでいる。

 一方、遊技機設置台数では不振を理由にパチスロ機の減台が止まらない。11月末現在は前月比8371台減の139万1492台。昨年末現在が155万7661台だったから今年の減台累計は16万6169台に達している計算だ。ちなみに統計をとり始めた昨年1月末から12月末まで11ヶ月分の減台累計は28万4846台だった。

 11月末現在のパチンコ機の設置台数は前月比4961台増の281万7314台。今年に入ってからの累計では5万3205台が増台している。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket