マルハンがマカオのカジノ複合施設に参入検討

マルハンがマカオのカジノ複合施設に参入検討(更新日:2007/07/31)

マルハン(本社・東京都千代田区、鈴木嘉和社長)が中国・マカオの大型総合テーマパーク「十六浦(Ponte 16)」のプロジェクトに参入する意向を示していると香港紙、明報などが7月30日に報道。マルハンは31日、本誌の取材に対し報道を事実と認めた。明報によると、マルハンは「十六浦」に出資している世兆有限公司に対し、20.5~41%の出資を検討しており、実現すれば「十六浦」の10~20%の権益を獲得することになるという。「十六浦」は広大な敷地にポルトガル領時代のオールドマカオを再現。豪華カジノや大型ホテル、ショッピングモールなどを備える複合施設で、今年中のグランドオープンを目指している。マルハンは「プロジェクトに参加する意向があり、保証金(約15億円)を支払って世兆有限公司の親会社に対する適正評価手続きをしている状態」と述べた。正式な合意は8月末になる予定。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

非加盟遊技機メーカーにゴト対策を徹底

非加盟遊技機メーカーにゴト対策を徹底(更新日:2007/07/31)

業界主要7団体で構成するセキュリティー対策委員会(山田久雄委員長)は7月30日、東京都内に日工組・日電協の非加盟メーカー40社の関係者を集め、「不正に強い遊技機づくりの基準」の説明会を行った。同基準は全日遊連、日遊協、日工組、日電協の「ゴト対策に関する4団体会議」が今年6月にまとめた基準をセキュリティー対策委であらためて決議したもので、「すべての遊技機に共通する基準」「パチンコ機に係る基準」「パチスロ機に係る基準」から構成されている。説明会には警察庁の担当官も出席した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

都遊協が金賞品流通システム全地区導入へ

都遊協が金賞品流通システム全地区導入へ(更新日:2007/07/31)

都遊協は7月26日、理事会を開催。原田實理事長は冒頭のあいさつで金賞品流通システムの導入状況に触れ、「92支部で唯一未導入だった麹町組合が今日、導入の調印式を行うことになった」と、全地区導入達成を報告した。同システムは金地金を統一景品とする東京独自の賞品買取システムで、都遊協と東商流、東京ユニオンサーキュレーションが中心となって91年にスタート。17年目で念願の全地区導入となった。05年から発刊している「いのちの絵本」シリーズ第3弾「かん太君 いじめはやめようね」の完成も報告された。今回は子どものいじめがテーマで1万3000部を制作、東京都青少年・治安対策本部などに寄贈される予定。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

カタログ景品のバーチャル化を年内試行へ

カタログ景品のバーチャル化を年内試行へ(更新日:2007/07/31)

日遊協の深谷友尋会長は7月26日の記者会見で、新たな景品提供システムについて言及。「来店客が家庭に持ち帰りたくなる景品をそろえるためにも、カタログ景品をバーチャル化したシステムを何とか年内中に試行したい」と述べ、将来的にはコンビニエンスストアやキオスクと提携したシステム試行を模索していることも明らかにした。また、顧客の視点からパチンコ産業のブランドイメージ確立を考える「インダストリアル・ブランディング」の勉強会発足と、新時代のリーダーを育成する「遊技産業マネジメント・カレッジ」の開設も発表。「遊技産業マネジメント・カレッジ」の第1回は9月14、15日に開催する。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

機構の運営費負担問題で協議が暗しょう

機構の運営費負担問題で協議が暗しょう(更新日:2007/07/31)

健全化機構の運営費を全国のホールから均等に徴収する方法についてのホール系5団体の協議が暗しょうに乗り上げている。全日遊連と他の4団体間での意見の溝が埋まらないからだ。全日遊連以外の4団体は日遊協、同友会、余暇進、PCSA。日遊協が「ホール団体は機構経費の徴収を日遊協に委託。傘下ホールは日遊協が開く機構経費特別会計口座に経費を振り込み、日遊協が社員の会費として経費を支払う。どの団体にも所属しないホールや遊技機メーカーにも特別会計口座を設ければいい」という案を出したほか、余暇進、PCSAも案を出していた。しかし全日遊連はいかなる代理徴収にもよらず、公平性、継続性、透明性、適法性をクリアしなければならないとして、3案すべてを否定。「全日遊連は社員として機構に会費を払うことを決めている。もし別途、ホールが経費を負担しなければならない場合は、遊技機売買時に機械代に相応の金額を乗せて支払い、これが機構に納付される方法がいい」と主張している。これに他団体は「全日遊連案こそ代理徴収案」と反発を強めている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ブログ発のTVドラマ「鬼嫁日記」原作者が講演

ブログ発のTVドラマ「鬼嫁日記」原作者が講演(更新日:2007/07/24)

矢野経済研究所(本社・東京都中野区、水越孝社長)は7月18日、東京都港区の「T’s PLAZA 246」で「5号機時代突入!集客力アップを目指すパチンコ経営支援実践セミナー」を開催。テレビドラマ化された「鬼嫁日記」の原作者でWebプロデューサー・カズマ氏ら5人が講演。広告宣伝自主規制が各地で広がりを見せる中、カズマ氏は、“ブログは有効な無料広告媒体”と位置づけた上で、「お客さんは店長の素顔を知りたいと思っている」と述べ、店長ブログの立ち上げを推奨。イベントと組み合わせることで、「ブログを通じて双方向のコミュニケーションが生まれるので、お店のファンになってもらえる」と、その有効性を力説した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

最新技術とアイデアを駆使した新製品を発表

最新技術とアイデアを駆使した新製品を発表(更新日:2007/07/24)

マースエンジニアリング(本社・東京都新宿区、松波明宏社長)は7月19、20日、同所で新製品内覧会を開催。8月発売予定の卓上型景品自動払出機「m9500」をはじめ、参考出品として、マースパーソナルシステムにも対応し、玉のやり取りなくワゴンサービスなどの決済が可能な「テレビ付きサンド」や、空気圧で紙幣を運ぶ「エア搬送システム」(R島にも対応、特許出願中)などを展示。年内の販売を目指す「テレビ付きサンド」について、マースの担当者は「『気になる台』や『さっきまで打っていた台』のその後の稼働履歴が見られるなど、コンテンツも充実しています」とアピールした。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

警察庁が新基準機の認定を可とする公式見解

警察庁が新基準機の認定を可とする公式見解(更新日:2007/07/24)

警察庁生活環境課は7月17日、全日遊連に「新基準機を検定切れ後も認定を受けずに使うことは、風適法第20条1項に違反しない限り可能。ただし、当該遊技機の修理や中古機移動などを円滑に行うためにも、検定期間満了前に認定を受けておくことが望ましい」と通達した。全日遊連の問い合わせに回答したもので、山田茂則理事長は「認定は法の上では可能でも、04年の規則改正前は事実上できないことも多かった。それであらためて行政当局の見解を示してもらった」と説明。しかし、日工組内規変更前に販売された通常大当たり確率1/400~1/500のパチンコ機の取り扱いなど、業界内で詰めるべき問題も残されている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

遊技機検定情報(7月23日東京都公安委員会告示第265号)

遊技機検定情報(7月23日東京都公安委員会告示第265号)(更新日:2007/07/24)

マルホン工業㈱「CR今夜もドル箱R TK」「CR今夜もドル箱R TKW」「CR今夜もドル箱R ST」「CR今夜もドル箱R STW」、㈱高尾「CR弾球黙示録カイジ鉄槌XR2」「CRA弾球黙示録カイジ運否天賦HDR」「CRA侍ジャイアンツHDV2」「CRA侍ジャイアンツHDX2」、㈱ネイチャー・アセスメント「サザンドリーム」「バミューダ」、㈱イレブン「エリア88A」

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ベルコがあの“ハンドパワー”を5号機に

ベルコがあの“ハンドパワー”を5号機に(更新日:2007/07/24)

ベルコ(本社・東京都台東区、国本籍雄社長)は7月18日、同区の「上野パークサイドホテル」で新機種「Mr.MARIC」の展示会を開催した。同機はハンドパワーでおなじみのMr.マリックとタイアップ。3種類のBBを搭載し、BB後は激アツのマリックチャンスから超魔術タイムかマリックタイムという2種類のARTに突入する。ART中の純増枚数は1ゲーム当たり約1.6枚。コイン単価は約2.6円から約2.8円で、営業マンは「5号機としてはぎりぎりの出玉感を実現した。ボーナス中は超魔術のタネ明かし映像も楽しめる」と話している。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket