安倍首相、シンガポールでカジノ視察へ

 安倍首相が30日から訪問するシンガポールで、世界有数のカジノを持つ統合型リゾート(IR)を視察する。国内の解禁機運を高める狙いだ。

  安倍晋三首相がアジア安全保障会議(シャングリラ対話)に出席するため30日から訪れるシンガポールで、世界有数のカジノを持つ統合型リゾート(IR)を視察することが23日、分かった。政府関係者が明らかにした。首相はカジノを2020年の東京五輪と絡めた経済成長の重点策に位置付ける構えで、国内のカジノ解禁の機運を高める狙いがある。

 シンガポールでは10年にIRが開業。13年の外国人観光客は09年比6割増、1550万人に達した。結果、観光収入は同8割増、1兆8400億円に拡大している。首相は同国でカジノを含めたレジャー施設やホテルが一体となった施設を訪問。シンガポールの成功例を参考に、国内でのカジノ関連の法整備を進める考えだ。

 安倍首相はカジノの解禁、合法化を目指す「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連)の最高顧問を務め、過去の国会答弁で「カジノは産業振興をもたらしうる」と語っている。日本経済への波及効果を7兆円超とする試算もあり、政府・自民党内では東京・台場や大阪、沖縄が候補地に挙がっている。

 カジノ解禁をめぐっては、自民、日本維新の会、生活の3党が昨年12月、IR整備を政府に促す推進法案を衆院に提出したが、治安悪化の懸念から公明、民主両党が慎重姿勢のままで今国会でも成立の見通しが立っていない。

 IR議連幹部は「今国会で法案を成立させないと東京五輪までにインフラ整備が間に合わない。首相の視察をきっかけにカジノ解禁の動きを加速化させたい」としている。

産経新聞

LINEで送る
Pocket

シンガポールのカジノ好調 1~3月期 2強そろって増益

 シンガポールの観光業を牽引(けんいん)するカジノ産業が拡大している。同国の2大カジノの一つでカジノ付き統合型リゾートの「リゾート・ワールド・セントーサ」を運営するマレーシア系ゲンティン・シンガポールは、2014年第1四半期(1~3月期)の最終利益が前年同期比77%増の2億5760万シンガポール(S)ドル(約210億3300万円)だった。現地紙トゥデイなどが報じた。

 富裕層の顧客増加に伴い、カジノ収入の大幅な伸びが後押しした。同期の収入内訳をみると、カジノ部門が29%増の6億7190万Sドルに対し、ユニバーサル・スタジオなどの娯楽施設やホテル部門は6%増の1億5640万Sドルだった。

 同国での好調を追い風に、同社はアジア各国での事業拡大に乗り出す。韓国の済州島では総工費25億Sドルのカジノ付き統合型リゾートの建設を計画している。

 また、日本では国会に提出されているカジノ付き統合リゾート(IR)の整備に向けたIR推進法案が来月にも審議される見通しから、同社は日本進出にも強い意欲を示している。

 同国2大カジノのもう一方の「マリーナ・ベイ・サンズ」も好調だ。同施設を運営する米ラスベガス・サンズによると、同施設の1~3月期の最終利益は前年同期比9.7%増の5億4770Sドルで、リゾート・ワールド・セントーサを大きく上回る。富裕層からのカジノ収入の増加に加え、平均宿泊料428米ドル(約4万3750円)の施設内ホテルが稼働率99.3%と人気で収入を押し上げた。

(産経シンガポール支局)

SankeiBiz

LINEで送る
Pocket

ベトナムの大型カジノ計画再開 米企業と合弁、投資額40億ドル

 ベトナムの大型カジノ建設が加速しそうだ。同国最大の資産運用会社ビナキャピタルは、米不動産開発ペニンシュラパシフィックとの合弁事業により、中部クアンナム省ナムホイアンで計画が頓挫していたカジノ付き統合型リゾート建設を再開する。事業投資額は40億ドル(約4114億円)となる見通しだ。現地紙ベトナム・インベストメント・レビューなどが報じた。

 この計画は、ビナキャピタルとマレーシアのカジノ大手ゲンティン・グループによる共同事業として2010年に承認されていた。しかし、12年9月にゲンティンが事業から撤退したため、ビナキャピタルは新たな事業パートナーを探していた。

 クアンナム省チュンライ経済区管理委員会によると、今回の合弁事業の詳細は明らかにされていないが、出資比率はペニンシュラパシフィックが80%、ビナキャピタルが20%という。ペニンシュラパシフィックは米国で7つのカジノを運営している。

計画中のカジノ付き統合型リゾートは、敷地面積が1000万平方メートルで、90台のゲーム台を備えたカジノをはじめ、ゴルフコースや客室数500の五つ星ホテルなども建設される予定だ。15年末までに開業を目指すとしている。

 ベトナムには昨年、同国最大のカジノ付き統合型リゾート「ザ・グランド・ホーチャム・ストリップ」が南部バリアブンタウ省で開業した。同国政府は観光振興の切り札としてカジノ産業に期待を寄せており、昨年、カジノ経営に関する法整備にも乗り出している。

(産経 シンガポール支局)

Read More

LINEで送る
Pocket